アーカルム召喚石ザ・サンも取った
 ニーアが仲間入りしてまたゲームが楽しくなってきました。一線級のキャラが加わると試行錯誤する余地が生まれるのが良いですね。

ニーアのSDはいまひとつ

 短期戦ならゾーイを三番手に置いて、ニーア含めてコンジャクションをかけるのが良さそうです。ゾーイを四番手に置いてしまうとニーアの攻撃力が低いままで、得意武器を斧&格闘とするキャラで揃えてもあまり意味がありませんでした。

 ただニーアはSDが面白くありません。終始頭を抱えて振り乱しているだけなのです。奥義も、あの涙を流しているグラフィックがカットインとして使われているだけ。ちょっと寂しいです。

 アーカルム召喚石のザ・サンを取り、レベル150にしておきました。デス、ザ・スターに続いての三種類目です。召喚すると三番手までのキャラが2回攻撃するので、アプサラスの雷光水明からの1ターン目2回目の行動で1チェインもしくは2チェインが狙えます。これでデメリットなしですからね・・・。デスはともかくザ・スターはもう少し強くても良いような?

 次の召喚石は風・土・水属性のいずれかのものにするつもりです。ポイント・ベラトールがまったくの手つかずで、ベラトール・フラグメントもたったの5個しかありません。しばらくはここを周回することにします。

ニーア仲間入り!
 予定通り十賢者ニーアを仲間にしました。フェイトエピソードが割りと普通に仲間になる話だったのに拍子抜けしていたら、最後にダークな落ちが付いていてそこそこ良かったです。

ニーア仲間入り

 ニーア自体は結構強い印象を持ちました。特殊フィールドの追撃は+30%前後と破格の効果。召喚石デスの4ターン確定トリプルアタックとゾーイのコンジャクションを合わせれば、3ターンの間は出し得る最大限のダメージが1.3倍以上になるわけで、これだけでも相当なものですね。

 また、ニーアがサブからメインに登場するタイミングで、ニーア含めて自動復活効果が付与されるのが非常に大きいです。一度限りとはいえニーアの6~7ターンあたりでの退場がこの復活効果により救われるため、案外長生きだったりします。

 ニーアの得意武器が斧&短剣である点も魅力。シスやオーキスと組ませてアーカーシャ武器の虚空の晶塊が有効に機能します。

 運営のばら撒きで大きく緩和されたため、ついに、やっと、仲間に出来た、という感じはまったくありませんが、まあとりあえずここまで来れたことに安堵しています。セフィラ玉髄の在庫の追加次第ではありますが、しばらくはふたり目の十賢者は狙わず、アーカルム召喚石の取得を優先することにします。

 先日のブレイブグラウンドで貰ったSSレア確定ガチャチケットを今更使ってみたら、ターニャが来てくれました。このゲームを遊び始めてしばらく使っていたキャラだったので、ちょっと嬉しいです。それにしても闇属性キャラが続きます。直近6キャラのうち、キャル、ルルーシュ、ニーア、ターニャが闇属性。

こういう結末も可能なのか・・・
 ルルーシュのイベント後半は、正直言ってまったく意味がわかりませんでした。そしてまさかの未帰還エンド。

SDキャラがデカイ

 この後半こそ、ルルーシュたちオンパレードで畳み掛けて欲しかったですね。前半の勢いを引き継ぐ方法はなかったのか、尻すぼみな展開で残念でした。それでもメインクエストとは比較にならないほど楽しめました。メインクエストもこれくらい思い切った話にできないものなのか・・・。

 闇精のアストラは205個相当まできました。あと250ポイントあれば1個交換できるので、明日まず間違いなく206個になります。フィールドメーカー、やっぱりキャンペーン中は出易く設定されていると思います。以前にもそう指摘しつつ気のせいかもしれないと話を切り上げましたが、どう考えても今は出易いです。

あと6個!
 アーカルムパスポート残り1枚のところまで使って闇精のアストラ200個相当になりました。上限解放用の6個分が確保できたところでニーアのフェイトエピソードを進めてみたいと思います。

 今回かなり運が良かったです。5ステージ中4ステージでフィールドメーカーが出現し、続くカストルから計6個の闇精のアストラが出てくれました。最後の9-3はザ・タワーでしたけど・・・。あと6個、ここからキャンペーン中に貰えるアーカルムパスポートが14枚あるはずなので、運が悪くてもそれでぴったりな感じですね。ドロップが2個あればその周で揃うでしょう。

あと3周で揃うかもしれない
 ちょっとがんばってアーカルムパスポートを消費して、闇精のアストラ190個相当まで集めることができました。正確には163個+アーカルムポイント40500(27個相当)です。あと10個・・・と考えていたのですが、十賢者の上限解放に6個(?)使うようなので16個。ポイント交換だけで目指すと24000、4周でいけます。ドロップで1周2個拾えれば3周かからないはず。今月中どころかキャンペーン中にいけそうな気もしてきました。

 ついでにまったく狙っていない節制のイデアも60個を超え、アーカルム召喚石テンペランスが取れるところにあります。まあ当面取ることはありませんけどね。ニーアの目処がついたところでザ・サンを取ってしまうつもりです。

 アーカルムの転生周回のお供にエッセルを連れ出しレベルは95。こちらも急に動き出しました。でもメインでは使っていないので強さがわかりません。

闇精のアストラ200個の見通しが立った
 コードギアス 反逆のルルーシュコラボレーションイベント、よくわからないながらも勢いで押してくるので楽しめます。この手のイベントは、やっぱり登場人物が絞られていたほうが面白いですね。演出も凄い。

 今回のイベントのトレジャー交換でアーカルムポイント30000、アストラ20個相当が上積みできる計算です。手持ちポイント分含めて闇精のアストラは170個超えてきそう。残り30個、上手くいけばポイント・ケルサス5周程度かな。今月中にいけるかどうか。ニーア仲間入りが現実的になってきました。

 エッセルにはほとんど手をつけていなかったため、このイベントでもってやっとレベル90になりました。経験値1.5倍キャンペーンが終わるまではラジエルの書を使わず、いけるところまでいきたいと思います。せっかく最終上限解放したエッセルに、何の興味も持てないでいます。ニオを優先したほうが良かったかもしれません。

一度仕切り直したほうが良いような
 メインクエストの続きが唐突に追加されてちょっとびっくり。今回はほぼグランサイファー組だけで話が進むので割と楽しめました。まあフェリの登場やルリアとの生命のリンクの扱いが雑にすぎるとは思いますが・・・。ここ数章の酷さを考えれば、まったく問題にはなりません。

 ただ、2章分とはいえ今回は随分と短い内容です。本当は来月実装の1章分相当だったものを前倒ししてきたのかなと感じさせる不自然さ。更新が苦しいのであればその頻度を下げてもかまわないので、もう少し腰を据えて面白いものにして欲しいですね。隔月で4章ずつ更新していくという話が、いつのまにか隔月2章ずつになってしまい、珍しく2ヶ月連続で更新がきたと思えばその内容は薄い・・・。これはさすがに開発が上手くいっていないのでしょう。

 先日開催された四象降臨はPROUD+まで倒しきって、他は特に何もしていません。今回は黄龍黒麒麟HL30連戦にも参加しないで終わると思います。気力がありません。

やってみればあっけなかった
 交換も終わり残すはPROUD+のみ。重い腰を上げて攻略しました。

ケチりすぎたSレア編成

 最終戦に向けてキャラを温存するため、ケチってSレアのサラとジャスミンを起用して、初戦だけで25分かかったのは想定外でしたが、続く2戦は試行錯誤することもなくあっけなく終わりました。

 2戦目も若干ケチった編成で挑みました。ネモネの累積防御ダウンとアルルメイヤのスロウでしのいで、特殊行動をファランクスとカーバンクルで100%カット。これだけで危ういところは一切なく、この2戦目だけは初見から苦労するところがありませんでした。

 それにしてもネモネとメルゥにもバランス調整が欲しいところです。特にネモネはパゥワーの溜りが奥義を撃つ頻度に追いつけず、現状ただ単に防御力が低いだけのキャラでしかありません。累積防御ダウンの積み重なるスピードがモニカ並になるだけでも十分使いどころが出てくるのに、良いキャラだけに惜しいです。

刻印付与条件がわかれば難しくない

 マキュラ・マリウス戦はサラーサを外してハレゼナを入れたのが上手くいったようです。ハレゼナ(と1年生チーム)の無敵アビリティで、カーバンクルの間に合わない序盤の特殊技をノーダメージで受けきれば後が楽になります。ひとたびカーバンクルが使用可能になれば、以降ずっと50%ダメージカット状態ですし、特殊技もスパルタあるいはブローディアのファランクスを重ねて100%ダメージカットで常に安泰。HP25%をまたぐあたりから忙しくなるものの、10%までに玉水の刻印が3以下であればクリアはほぼ確定したようなもので、難しいところはありませんでした。

 この一戦に限れば1年生チームが特に優秀でした。4つのアビリティすべてが有効に機能します。

 ハレゼナは調整を経て、アタッカーとしてはサラーサより強くなったかもしれません。サラーサは三寅の祝福こそ強力ながら、すぐ噛み合わなくなるヴォーパルレイジとHPの犠牲が大きすぎるグラウンドゼロのデメリットが、もはや無視できない状態にあると感じています。

 土属性有利のブレイブグラウンドはここまで。PROUD+は再挑戦の1回目でクリアできて良かったです。

序盤さえしのげれば・・・
 土属性有利のブレイブグラウンドはPROUD止まり。PROUD+は倒しきれなかったため、とりあえず討伐章とブレイブポイントを稼ぐためにリセットしてしまいました。

 PROUD+最後のマキュラ・マリウス、こちらほぼ無傷状態で残り10%まで追い込んだのですが・・・。10%のところで玉水の刻印が5になり、サフメンバー含めて強制的に全滅させられてしまいました。序盤、カーバンクルが召喚できるようになるまで如何にしのぐかが攻略の鍵なのかもしれません。まあともかく、この1戦でやる気がなくなりました。

 試行錯誤すればいけそうな感じはあるものの、1周するだけでもかなりの時間を取られてしまうのがつらい。今回は交換で貰えるものを貰ってそのまま終えてしまうかもしれません。

最終上限解放6人目はエッセル
 エッセルの最終上限解放を済ませました。

 ここ一月の間エッセルとニオのどちらにするか決めずに待っていたわけですが、7月のバランス調整実施が見送られたこと、そして6月7月連続で四象降臨が開催されることが明らかになり、ヒヒイロカネ在庫追加の期待が高まったことを受け、とりあえず仲間にした順番通り最終上限解放を進めることにしました。これで最終上限解放済み十天衆は6人目、これに未解放のニオがいる状態です。

 レベルが90を超えてきたところでラジエルの書を使ってしまうつもりです。

 武器の最終上限解放については、内心期待していたローズ武器ではなく、ごく普通の武器6種でした。しかしそのうちプレビューラは"反逆の地刃"という固有スキルを持っているため、これだけは、もしかしたらマグナ編成でも使いどころがあるかもしれないと少し期待しています。
Copyright © 百舌鳥の早贅. all rights reserved.