WizCity Hole10/Par3
WizCityH10.gif

 1W260yノーマルショットでグリーン奥で止まります。追い風ならバックスピンで止めましょう。ピンが手前なら2W240yノーマルショットもあり。いずれにしてもトップスピンはかけないように。

 2W250yトマホークショットでグリーンの280y弱地点に着弾。パワーゲージに余裕があるならこれで確実に寄せてしまうのが賢いかもしれません。

 奥傾斜のきつい難しいグリーンです。左右にずれると1パットで決めるのは至難の技です。

WizCity Hole11/Par4
WizCityH11.gif

 ここまでのホールのゲート配置とは距離が違うので注意。3W200y~210yではゲートの上を越えてしまいます。3W190y強~200y弱あたりがよいでしょう。奥のゲートの位置が若干近いので、手前のゲートの中心より下に当たるようにパワー決定をする必要があります。

 ゲートが繋がってもグリーンオーバーしやすいので、バックスピンをかけておきましょう。

WizCity Hole12/Par5
WizCityH12.gif

 パー5のホールですが、47mの打ち下ろしであること、さらにマジックカーペットがあるため、特に工夫することなく2オンできます。

 経験上、左カーペットの奥の柱の後ろを通過するような形で狙うと左カーペットを抜けてグリーン左まで転がりやすいです。そこからであればグリーンまで何も障害がないので、アプローチショットが楽になります。

 1オンさせるなら右カーペットを抜ける形でグリーンを狙うのがもっとも可能性が高いと思います。しかし右カーペットを確実に抜けるルートがみつからないこと、運良く抜けてもバンカー側に流れやすいことから、私には確実に1オンを狙う方法はわかりません。

WizCity Hole13/Par4
WizCityH13.gif

 2I180yで左のゲートに当てるだけで簡単に1オンできます。ただし、ゲートを外すとOB確定。

 5m以上の向かい風であれば3W210yくらいで打つと良いでしょう。2Iではゲートに届きません。

 グリーンは緩やかな下り傾斜です。ピンが左にあるときに球が右に流れるとパットの難易度があがります。それ以外は簡単です。

WizCity Hole14/Par4
WizCityH14.gif

 3W200y弱で手前のゲート狙い、ゲート中心より下に当たれば奥のゲートに繋がります。ゲート間が詰まっているので、必ずゲート中心より下に当たるように意識してください。そうでないと奥のゲートを飛び越えてしまいます。

 グリーンオーバーしやすいのでバックスピンをかけておいたほうが良さそうです。ただし、奥のゲートに当たらなかった場合にOB地帯でバックスピンで止まってしまうリスクがあります。

WizCity Hole15/Par5
WizCityH15.gif

 3W200y強~210y弱で手前のゲートの左下に当てると3連ゲートがすべて繋がり1オンできます。追い風だと飛びすぎるのでバックスピンをかけておくと良いでしょう。

 とにかく手前のゲートの左下に当てるのがポイントです。風向きと風速を考慮して打ってください。特に右からの風のときはゲート左に流れすぎないように注意。落ちてしまいます。

 グリーンは平坦で簡単です。

WizCity Hole16/Par3
WizCityH16.gif

 2I180yでぴったり。ただし、向かい風9mに限りグリーンに届かない可能性があります。

 トマホークショットで狙う場合は4I170yで190y地点に着弾すると覚えておけば良いです。

 グリーンはまっ平らなのでわざとロングパット狙いもあり。

WizCity Hole17/Par4
WizCityH17.gif

 1Wノーマルスピマス打点上で簡単に1オンします。追い風の場合は最大トップスピンをかけるとグリーンからはみだしてOB。向かい風の場合は5mくらいでぎりぎり1オンなので、打点を少し下げてのトップスピンを使うと良いでしょう。

 フェアウェイ上の浮遊物は当たる恐れがあるので必ず避けること。

 グリーンは超絶奥傾斜でロングパットを決めるのは絶望的です。ピン位置と風向きによっては1オン1パットは最初から諦めたほうが良いかもしれません。

WizCity Hole18/Par4
WizCityH18.gif

 1W260yで中央カーペット小道の真ん中を狙い、左の壁に弾かれた球がグリーンへと流れていくようにします。これが1オン狙いでの理想的な球の動きだと思います。

 実際は言うほど簡単ではなく、弾かれた球がグリーン右下の壁に阻まれて止まってしまったり、グリーンに向かってもオーバーしてしまったりとかなりイレギュラーです。1オンするかは運次第だと思います。

 パワーショットで飛距離を稼いで左の壁に当てるとグリーン右下の壁に捕まりにくくなるような気がします。ただグリーンで止まるかはやはり運次第。
Copyright © 百舌鳥の早贅. all rights reserved.