やっぱり倒せたけど
 エブリデイ・メサイアのメルカザル、今回はスキル攻撃3発で倒すことができました。まずスキル1発撃ってメルカザルの攻撃を受けたところで放置、翌日スキル2発撃って倒した形です。やはり戦闘中に0時を挟む形であれば倒せるのは間違いないようです。ただ、以前に倒したときはスキル攻撃2発分で、あれはなんだったのか意味不明。

 星剣ディアスランガのスキル攻撃3発は1000ダメージ強になる計算。私は当初はメルカザルのHPは1000なのではないかと予想していたので、これなら計算が合うことになります。しかしスキル攻撃3発分のMPがないので、普通に戦ってもまず倒せません。よくわからないゲームバランスです。

 ちなみに回廊(120)より先はなく、どれだけ進んでも(120)のまま。そして(120)では鋼機兵と処刑機兵しか出てこないようになっています。

ラシュディは使える
 とりあえずリゼットのルートが本当にあるのか確認のために第二章の中ボスを倒したところまで進めてみました。ここまでは何もありません。つまらなくて飽きてきました。

 パーティはウォルフ・ラシュディ・マラルメ・カインです。今回セレスは外しました。セレスはレベルが上がるととても頼りになりますが、そこに至るまでが完全にお荷物なので、即戦力の面子で構成しました。中ボスと戦う直前でマラルメがレベル19、他の3人はレベル20。ここまで一度のやり直しもなく、中ボスを倒すところまでは楽勝でした。

 やはり序盤はラシュディの使い勝手が頭ひとつ出ている感じがします。セレス使うより断然楽になります。オススメ。

リゼットルートがあるらしい
 週刊ゲームの食卓"最後の約束の物語編"最終回。プロデューサーの率直な話が聞けて今回はかなり面白いです。イメージエポック的にはアレで結構納得の出来だったみたいですが・・・。う~ん。もうちょっとテストプレイして煮詰めて欲しかったですね。私は完全自力でプレイし続けクリアしましたけど、どう考えてもこのラジオで言われているような難易度にはないと思います。狙い通りもっと難しいものであれば、また違った評価になったのかもしれません。

 ひとつ驚きの情報が。最後の約束の物語、まさかのリゼットルートもあるそうです。ルートへの入り方はラジオを聴けばわかりますので確認してみてください。2周で失望してもう遊ぶのやめてましたけど、週末に試してみようかな。

 最後の約束の物語の続編についてはユーザーの声次第ではあるかもしれないという話でした。要するに売れるようなら出すということみたいです。続編というか、キャラクターも話の大枠も同じで、もう少し深く掘り下げた内容でリメイクして欲しいなあ。

 追記:リゼットのルートはありませんでした。最後の約束絡みのリゼットのイベントはありました。

厳しい評価
 週刊ゲームの食卓というWebラジオで最後の約束の物語が特集されています。イメージエポック代表とプロデューサーがゲストです。こんなラジオがあるとは知りませんでした。最後の約束の物語をテーマに今回で3回目。過去分のラジオも聴けます。第1回目はたいした話はありません。2回目3回目はそこそこ興味深いです。メサイアの服装がなぜ白いのか、へーと納得してしまいました。

 意外なのはノーマルモードは難しい難しいとしきりに発言しているところ。敵対心のコントロールを意識していればそこまで難しくありませんよね。SPを1すら削られたくないというのであればてこずるところもあるかもしれません。しかし誰もロストさせずに最後までクリアするだけでよければ、ノーマルモードでもかなりぬるいです。SPは削られて当たり前、SPスキル使わないと先に進めないところもある、それくらいシビアでも良かったような。奇襲でやられてしまうのはゲームとしてちょっと違うと思いますけど。

 最後の約束の物語、4Gamerに投稿されたレビューで平均60点弱、Amazon.co.jpで☆3つ、発売から2週間経ち似たような評価に落ち着いています。私もそれくらいの評価です。シナリオがもう少ししっかりしていれば80点くらいはつけることができた気もします。敵側(主に雑魚)の構成と戦術に一工夫欲しかったものの、戦闘部分についてはなかなか楽しめました。しかしシナリオは本当に酷く、評価するのは無理です。シナリオの内容がどうこうではなく、どうこう判断するほどの内容がないという・・・。この部分に引きずられてゲーム全体としての評価も厳しいものになっていると感じます。もったいないですね。

今度は返り討ち
 エブリデイ・メサイア、もう一度回廊(120)メルカザルに挑んでみたところ、返り討ちでした。スキル攻撃2発に通常攻撃1発で計786ダメージで倒せません。うーん?前回なぜ倒せたのか、その理由がわからなくなってしまいました。前回は休憩を挟んでスキル攻撃2発で倒せてしまいました。休憩になにか意味がありそうですけど・・・。

書き下ろしの絵は綺麗だった
 今更特典の冊子の中身を見てみました。最後の約束の儀式についていろいろと書いてありました。書き下ろしのカラーの絵はとても綺麗でした。しかし儀式ってそういうことなのかと驚くところもありました。この設定をゲームに反映させることは難しかったのでしょうか・・・。この冊子がないと絶対にわからないことなので、特典なしで買ってしまった人が少し可哀想(?)だと思いました。もうひとつのおまけの他のゲームの宣伝CD(DVD?)のほうには興味ないので、CDは取り出さずに放置。

 それにしてもせっかく脱出したのに転送先があんなに近いようでは、魔導を探知できる鋼機兵にすぐ見つかって皆殺しでしょうね・・・。結局全滅かと思うと悲しくなります。

エブリデイ・メサイア攻略まとめ
 エブリデイ・メサイア回廊(120)制覇記念に、ここで改めて攻略を投稿しておきます。ちょっとずるい方法なので真面目に進めたい人は読まないでください。

 このゲームは毎日0時にHPとMPが全快します。たとえ戦闘中であっても0時を過ぎたところでブラウザをリロード(再読み込み)すれば全快します。これを上手く使います。例えば、HPが減ったところで司令機が出てきてしまった場合、HPが満タンであれば倒せたのにというのであれば余計なクリックはせずにそこでプレイをやめておくのです。極端な話、ブラウザを閉じてしまいます。そして0時を過ぎたところで再びアクセスしてみると、HPが全快になった状態で司令機と戦っているところから再開されます。

 しかもどうやらHPが全快するのはこちらだけで、敵に与えたダメージはそのまま蓄積されるようです。互いに一撃ずつ入れたところで0時過ぎまで待てば、こちらはHP・MP共に全快、あちらは一撃を受けた状態から再開されるということになります。ずるすぎます。

 注意点はひとつ。攻防のターンはリセットされません。こちらが攻撃をしたところで放置した場合、0時を過ぎて再開すると相手の攻撃から始まります。逆に、先制を受けたところでこれはまずいと放置しても、次の0時過ぎにまた先制を喰らいます。自分の攻撃から再開したい場合は必ず自分が攻撃するターンに持っていって放置する必要があります。

 以上のことを頭に入れておけば、HP満タンでも敵の一撃に耐えられない場合を除いて、絶対にやられることはありません。これを応用して司令機や各回廊ボスを数多く倒すことにより、効率よく経験値稼ぎができるというわけです。ラスボス司令機メルカザルも楽勝です。メルカザルのHPは1000くらいだと思います。

 武器は攻撃力の高い星剣ディアスランガ、防具は先制+20%効果付きのメサイアローブがお勧めです。

 サファイアは回廊(31)~(49)あたりの敵から出ます。このあたりの回廊はさくさく進めてしまうため、サファイアを入手する前に通過してしまうことが多いと思いますが、欲しければその回廊に居座るしかありません。その他宝石もそのランクに応じた回廊から出ます。ブラックダイヤが(61)以降から出るところから逆算してみてください。




ついに終止符が・・・!

 エブリデイ・メサイア、3ヶ月に及ぶ激闘にもついに終止符が打たれることになりました。メルカザルを倒しました。経験値は2400。倒すとチェックポイントが解放され、回廊(1)からスタートできるようになります。回廊(1)って最初から行けたような気が・・・。


 回廊(1)に戻ってやり直してみるとドロップ率が異様に良いです。素材が9割くらいの確率で手に入ります。たまたま運がよかったのかもしれませんが、この先も練成して遊べということなのかもしれません。それ以外についてはメルカザルを倒したからといって特に何かあるわけでもなさそうです。

 実は今回、スキル攻撃一発でメルカザルを倒せてしまいました。一昨日戦闘開始、その時にまずスキル攻撃を一発入れて1日放置。昨日HP・MP全快したところで開始してみるとメルカザルのターンから開始、そこで何もせずそのまま1日放置。そして今日こちらのターンから開始でスキル攻撃を一発入れたところで撃破となりました。今日の一撃は370ダメージ、一昨日の一撃は360ダメージ。この計730ダメージという数値はレベル90で挑んで返り討ちにあった時のスキル攻撃2発+通常攻撃1発とほぼ同じなのが不可解です。前回はぎりぎり倒せなかったということなのでしょうか。それともレベル補正が付くのか(そこまで複雑なゲームとは思えませんが)、あるいはごく最近ゲームバランスに手が入れられたのか・・・。

 しかしまさか敵に蓄積されたダメージは1日経っても全快されず、持ち越される仕様とは夢にも思いませんでした。これならレベルがいくつであってもメルカザルを倒すことが可能です。せっかくここまで地道にやってきたのに、知らずに偶然とはいえこんな形で倒すことになって少し残念です。

 このブラウザゲームがなければ最後の約束の物語を買うこともありませんでした。そういう意味では思い入れがあります。1日たったの数分しか遊べないという仕様が、キャラが少しずつ強くなっていくのを際立たせていて良かったです。

 というわけで、私のエブリデイ・メサイアもこれにておしまい。最後にもう一度メルカザルに挑み、リロードなしレベル100星剣ディアスランガのスキル攻撃二発で倒せるのか確認するつもりではありますが、そこで本当に終わりにしたいと思います。

攻撃順はリセットされなかった
 エブリデイ・メサイア、レベル100でメルカザル戦!と思ったのですが、昨日回廊(120)に到達して試しに1発入れておいたのが大失敗。今日はメルカザルの攻撃から始まってしまいました。互いにHP・MPは全快していますから、こちらの先制分だけ損ということです。うぅ。仕方がないので今日の対戦は諦め、明日こちらの攻撃からの仕切り直しとします。

 今日のプレイ時間は1分もありませんでした。

何周しても1つだけ
 もしかしたら最後の約束を結んだ相手に装備させていないとマスターイヤリングは持ち越せないのかもしれないと考え、第五章でサーシャをパーティに加えてラスボスを倒し、マスターイヤリングを装備して脱出させてみました。しかしやはり持ち越せるのは1つだけでした。これでは周回プレイをする意味はほとんどありません。セーブデータを駆使して重要ミッションだけみてまわるのが正解のようです。

 色々とつっこみどころの多いゲームでした。事前情報は良い所しかリークせず、蓋を開けてみればまさにハリボテ。プロモーションに騙されたと感じた人は私だけではないでしょう。これではこのゲームに次があるとしても同じ手では売れないでしょうねぇ。それでも個人的には次があって欲しいですけどね。
Copyright © 百舌鳥の早贅. all rights reserved.