WindHill Hole10/Par4

 ティーショット時、正面の木は右カーブで避ければ問題ありません。

 アプローチショットは、グリーンが奥へと下っていることを考慮して高低差は無視、見かけ上の残り距離と風の影響を考慮してパワーを決定します。グリーン奥から手前に向けても風があること、グリーン手前に右の風があることを忘れずに。

 カップが左手前に切られている場合は風と高低差を計算した上でバックスピンショットで寄せます。グリーン中央寄りならパットも簡単ですが左に流れるほど傾斜が厳しくなります。



WindHill Hole11/Par5

 ティーショットで300y飛ばしても残り300y。1W246y程度では2オンは難しいので素直に刻みます。

 正面木の左側に重ねて左カーブをかければ(木の後ろのカート右にあわせる)、カートで一度跳ねてフェアウェイに転がっていき270y程度。そこからOB地帯手前に運んでグリーンを狙います。

 追い風で奥のフェアウェイに届きそうならOB地底左側にある木の間もしくは左を打点上でくぐり抜けることができます(水色ルート)。

 アプローチではグリーン手前のラフにつかまらないように。大幅にショートします。奥のフェアウェイ上には見えない左風があります。強風の場合、大きく流されるので要注意。

 もし、ティーショット時にパワーゲージに余裕があるのなら、トマホークでカート側面の壁に当てて300y飛ばすことも可能です。壁は裾が広がっていくかたちなので、そのまま真っ直ぐのトマホークでも当てることができます。成功すればODボーナスが100程度入るので余裕があれば狙ってください。



WindHill Hole12/Par4

 ティーショットで正面ラフに打ち込みます。奥に見えるこげ茶色の木の幹の間におさまるようにしてください。木の幹より右にずれるとクラブ制限がかかります。

 2打目はトマホークでグリーンを狙います。ラフが深い上に右斜め前からの見えない風があり、さらに軌道上に木があるのでノーマルショットではグリーンにはまず届きません。木にかかってもOBにはなりませんが、確実にトマホークを決めたいところです。ショートしてもカップの下につければパットは真っ直ぐのラインです。

 ティーショットで右フェアウェイを狙う方法もありますが、グリーンまでの残り距離がきつく、地形効果と見えない向い風の影響を考慮してもラフルートのほうが楽だと思います。
 
 左カート転がしを狙うのはまったくおすすめしません。ラフが深いのでよほど上手くやらないと変なところで止まります。



WindHill Hole13/Par3

 ラフでどの程度転がるかが読みづらいのでトマホークで寄せてしまいます。正面の見えない左からの風はそこそこ影響するので強さを確認することを忘れずに。

 トマホークを使わない場合、風がないものとして1W246yバックスピンショットでグリーン縁ぎりぎりで止まってしまいます。1W250yならぴったりかも。ノーマルショットでいく場合は、グリーン手前のラフでのキック具合によりオーバーしたりグリーン中央で止まったりと、予測は難しいと思います。



WindHill Hole14/Par4

 2Wで池の小島の右端を狙います。あまり飛ばしすぎると次ぎに風車が正面にきてしまうので若干弱めに。210y強飛ばすとよいと思います。よほど強い向い風でなければ木に当たっても小島にのります。

 小島にのせるのに失敗すると池手前の家のところから2Iで打ち直しになります。この場合、左フェアウェイを大きく迂回しなければならずダブルボギー確定。単純にOBするよりひどいことになるので決してティーショットでミスらないように。

 アプローチは風車の右を通します。カップがグリーン左奥なら右カーブ・インパクト左(ほんの少し)、グリーン右手前ならラフで球の勢いがなくなることを考慮して少しだけ強めでいきます。グリーン右下に左からの見えない風がありますが、よほど強い風でなければほとんど影響ありません。ティーショットで小島の左につければ風車の左からカップを狙うことももちろんできます。

 SepiaWind 14Hと異なり、左フェアウェイを経由するメリットはあまりないと思います。



WindHill Hole15/Par4

 カップの位置によって難易度がまったく異なります。単純にグリーン奥にあれば、ごく普通に寄せるだけです。

 問題はグリーン手前の木の後ろに隠れている場合。何も考えずにアプローチショットをしても木に当たります。そこで木の右側下を1Wか2Wの打点上ショットで潜り抜けて寄せるようにします。向い風でなければティーショットで2Wを使うと残り距離が1Wであわせ易くなります。

 カップがグリーン左奥の場合、打点上ショットではグリーンの上をすべるように転がってオーバーしてしまうので5y程度弱めに打ってください。ただし、あまり弱く打ってもグリーン手前の土手で跳ねてショートしてしまいます。



WizWiz Hole16/Par3

 トマホークでグリーンを狙います。正面の風車の羽根が通り過ぎ、かつ左の風車の羽根がこないタイミングを見計らって打ちます。神経安定剤を使ってでも確実に決めていきます。

 パワーゲージがなくトマホークが使えない場合はノーマルトップスピンでいけなくもありませんが、距離調整が非常に難しく大抵オーバーします(その代わりODボーナスは稼げます)。左カーブをかけて風車を迂回しグリーン右寄りに運ぶようにするとラフで減速してそこそこ寄るかもしれません(右過ぎるとショートします)。

 グリーン自体は簡単です。

 ティー正面の見えない風は無視してかまいません。



WindHill Hole17/Par5

 カップがグリーン奥に配置されているため、1W246y程度では風の助けがなければショートしがちです。そこでティーショットからトマホークで距離を稼ぎ、アプローチもトマホーク。パワーゲージを無駄に消費していなければ、2回分あるはずなのでここで使ってしまってください。

 アプローチがショートしてしまった場合、グリーン手前からの再アプローチとなりますが、カップが奥にある場合に限りグリーン奥の見えない風に気をつけます。それ以外は無視してかまいません。



WindHill Hole18/Par4

 グリーン手前の木がいやらしい位置にあり、真正面から木を越えていこうとしても叩き落されて池に落ちます。木は相手にせず、木の左側と風車の右側の隙間を通すと安全にグリーンにのせることができます。

 ティーショットは風車と木の間を狙えるようにフェアウェイ左を狙います。距離感がしっかりしていればフェアウェイ左のラフに打ち込んでもかまいません。飛ばしすぎると木が邪魔になるので2Wを使うとよいかもしれません。

 カップがグリーン左端に切られている場合は手前のラフで勢いが減退することを考慮して少しだけ強めに打ちます。カップがグリーン奥の場合、ぴったり寄せることは難しいのですが、インパクトを右に切れば10y以内につけることができます。木の上を越えたくなりますが、見た目では越えそうなのになぜか枝に引っ掛かるのでやめておいたほうがよいです。

 もし17Hでパワーゲージを使い切っていなければ、トマホークで寄せてしまうのが確実です。ただしトマホークを失敗すれば池に落ちます。


Copyright © 百舌鳥の早贅. all rights reserved.