DeepInferno Hole10/Par4
 ただフェアウェイに打ち込むだけ。まったく特徴のないホールです。



DeepInferno Hole11/Par4
 1W260yあれば正面像の右を通してマグマの奥のフェアウェイまで届きます。打点下、向い風2mで対岸ぎりぎりのラフへ。向い風3m以上ならパワーショットにするか、右フェアウェイを経由してロングアプローチを狙うかの2択です。



DeepInferno Hole12/Par3
 トマホークもしくはスパイクショット必須です。パワーショットでは強い追い風でないとグリーン手前で止まってしまいます。向い風がひどければパワーゲージふたつ使って+20yにしたほうがいいかもしれません。

 グリーン手前の火山はトマホークでもスパイクショットでも越えられるので気にしなくてよいです。



DeepInferno Hole13/Par4
 フェアウェイの配置に騙されず、1Wでフェアウェイ奥のラフまで運んでしまうのがよさそうです。これで残り240y程度。深いラフかららのアプローチで、しかもグリーン手前も深いラフのなのでぴったりと寄せるのは難しいと思いますが、15y程度強めに打てばとりあえずグリーンにはのります。

 弱めに打つとグリーン手前のバンカーにつかまります。



DeepInferno Hole14/Par5
 バンカーの右ラフ地帯からトマホークで二枚の壁を越えて2オンを狙います。仮にトマホークをミスしても壁自体は越えていくので嵌ることがありません。

 バンカー左、フェアウェイから2オンを狙う場合はスパイクショットを使うことになります。トマホークでは壁を越えることは出来ません。このルートはスパイクショットをミスると壁に跳ね返されてしまうリスクがあるのでおすすめしません。

 グリーンは非常に難しいです。トマホークできっちり寄せてしまってください。




DeepInferno Hole15/Par4
 1W260yあれば普通にフェアウェイに打ち込んで2オンが狙えます。アプローチが向い風なら躊躇うことなくパワーゲージを使ってください。

 フェアウェイは右へ傾斜しているので、バンカーに転がり落ちないようにだけ気をつけてください。

 火山を上手く使って1オンが出来そうな雰囲気ですが、1W260y程度ではまったく届きません。



DeepInferno Hole16/Par3
 なんということもないショートホールですが、向い風の場合パワーショット必須です。向い風3m1W260y打点下ショットでグリーン手前のマグマ溜まりの縁で跳ね返されてマグマに落ちます。その場合はWaterHazardで、手前のフェアウェイからの3打目となります。

 強い追い風の場合にパワー調整するとやはり落ちる危険性があること、グリーンの難易度はかなり高いことから、ここはトマホークで寄せてしまうのが確実だと思います。



DeepInferno Hole17/Par4
 1Wでバンカーの右のラフを狙えば、左へキックされて奥のバンカー手前に転がっていきます。そこから2Wでパワーを調整してアプローチを狙います。

 おそらく枯れ木が何本か視界に入ることになります。グリーンを狙う場合はこのうち右から2番目の上を通したくなるのですが、これは罠です。まず間違いなく叩き落されます。ここは打点を右にして必ず回避するように。一番右の木の上なら通過できます。カップがグリーンの左に切られているときなど特に注意してください。

 強い追い風にのせてティーショットであまり飛ばしすぎてしまうと枯れ木が越えられなくなります。その場合は2Wか3Wで控えめに。



DeepInferno Hole18/Par5
 グリーン手前の絶壁はアイアントマホークで越えられます。4Iから9Iでなら越えられることを確認してあるので(打点下で)、ティーショットはそれに合わせて1Wでフェアウェイに適当に打ち込めばよいでしょう。

 とにかくアプローチの壁越えトマホークの成否にかかっています。神経安定剤等を使ってでも確実に決めてください。


Copyright © 百舌鳥の早贅. all rights reserved.