辛い戦いが続く・・・
 あまりに不甲斐ない戦いが続くので、自分がいる局地だけでも押さえようと声を出していきました。東、アロータワー建てられませんか、敵ジャイアントきましたよ、敵1人にそんなに釣られないで、などなど。もちろん自分でできることは言われるまでもなくしているつもりです。

 アロータワーの指示をしたときは上手くいって、押し込まれていた前線を跳ね返すいいタイミングでした。実際、戦況ゲージに差が見え始めたのはこのあたりから。でも調子に乗った人がその先にオベリスク建てちゃって・・・。前線が激しくぶつかるような場所は、一時的にそこを取ったつもりになっても必ず敵の反撃がきます。まだそれがわからない人も多いようで建ててしまうんですよね。案の定ジャイアントをつれて戻ってきた敵部隊に壊されてしまいました。

 対ジャイアント用にナイトを催促しているのに1騎たりとも来てくれないので、先ほど建てたアロータワーまで壊されてしまいました。ああ・・・これなら指示しないほうがましだったかな、と後悔の念もよぎりましたが、先に前線を押し返すことで敵に与えたダメージのほうがアロータワーを失ったダメージより大きいようだったので、悪くはなかったのかな。

 ナイトがさっぱり来てくれないので、東もうだめかもと脅しの意味もこめてつぶやいたら、ここでやっとナイト4騎とレイス、さらにジャイアントまで引き連れて援軍が登場。極端すぎ・・・。でももしここでナイトが駆けつけなければ間違いなく東の陣は崩壊して、最悪逆転を喰らっていました。この大軍で完全に敵を押し込んで、僅差だった勝負も終盤一気に差をつけて勝利。

 途中、手負いの敵ウォーリアーがひとり自陣に向かって突撃してきたのですが、前線の歩兵の1/3くらいがそれに釣られて2ブロック近く退いてしまったのにはまいりました。相手は笑ってたでしょうね。

 参加してすぐ勝負が見えたときはクリスタル堀りに専念しています。前線で戦う気力がないのと、クリスタルをどんどんまわして召喚していけばもしかして逆転できるかも、という淡い期待にかけているからです(が、個人的にこれ負けだなと序盤に判断して、勝利したことは一度もありません・・・。)。180個くらい掘らないと1位とれません。1人では絶対に無理で、誰かの協力が欠かせません。


Copyright © 百舌鳥の早贅. all rights reserved.