WindHill/ウィンドヒル攻略
 WindHill各ホールの攻略について記してあります。1W246yで確認しています。

 基本的に、見えない風の位置さえ把握してしまえばSepiaWindと同じ攻略でいけます。ラフが深いため転がしてアプローチすることが難しく、カップがグリーン奥に切られていることが多いため、より多くのパワーが必要になっています。

 WindHillのラフは地形効果85%で約3%のパワー減です(ウッド・アイアン使用時)。

 グリーンの傾斜の影響がWindHill独自のもので、他のコースと同じ調子でパットしても入りません。スポット直列6個で横幅2倍のズレ。これを基本にパットの曲がり具合を判断してください。

 見えない風についてはアプローチに大きく影響するのもののみ記してあります。風の位置を把握しておいてください。見えている風と見えない風は重複しません。つまり、見えない風の吹いている領域では見えている風の影響はないということです。

 風の強さはプレイするたびに変わります。プレイ中、上空視点からズームインしていくと各所の見えない風を確認することができます。見えている風が強ければ見えない風も強くなる傾向にあります(同じではない)。9m以上の風もあります。矢印の回転速度でおおよその風の強さが判断可能で、1秒間に半回転で4m程度の風です。

 4H2打目用にスピンマスタリー1個、6H向い風用に体力補助剤1個、あとは神経安定剤を6個、これでスコアが安定すると思いますが、難所をトマホークで切り抜けたければ体力補助剤を多めにしてもよいです。

 後半9Hはこちらから


Copyright © 百舌鳥の早贅. all rights reserved.