WindHill Hole3/Par4

 ティーショット時、正面の木は無理に狙わずに左のほうを左カーブをかけて迂回してしまえば問題ありません。

 問題はアプローチショットです。右からの風がフェアウェイ上とグリーン手前にあるので、アプローチに大きく影響します。必ず風の強さを確認して、カップより右を狙うように。カップは左奥と右奥に切られますが、どちらにしても10y強のバックスピンショットで寄せます。普通に寄せようとしても手前のラフが上りになってるため、そこに着弾してしまうと奥まで転がりません。

 アプローチのバックスピンを失敗してもグリーン奥すぐのラフで止まるので、そこからパットできます。


Copyright © 百舌鳥の早贅. all rights reserved.