WindHill Hole5/Par5

 ティーショットは左ラフとバンカーの間でキックさせると少しだけODボーナスが稼げます。

 問題は2打目。グリーン手前を木が立ち塞いでいるのでできればトマホークでいきたいところですが、4Hでパワーゲージをひとつ使ってしまっていること、次の6Hが向い風の場合パワーショット必須であることから、ここでトマホークを打つのはつらいです。池手前の見えない風を読んでバックスピンで寄せるしかありません。それでなければ、このホール用に体力補助剤を1つ用意するかです。

 グリーン手前にカップが切られている場合、トマホークミスでウォーターハザード確定です。20y程度強めのノーマルショットバックスピンで木の間を通して寄せたほうが安全です。

 カップがグリーン右奥の場合は手前の木の右を右カーブ・バックスピンで抜けるとよいかもしれません。バックスピンをかけないと確実にオーバー、弱めに打つとバンカー行き。しかし、わざと木の枝に当てることで、バックスピンをミスしてもグリーンにのせることが可能になります。カップまで15y程度残りますがラインは比較的真っ直ぐです。木の右の枝に重なるか重ならないかのところに狙いをあわせ、右カーブ(カーブ7)・バックスピンで上手くいくと思います。


Copyright © 百舌鳥の早贅. all rights reserved.