WindHill Hole8/Par4

 フェアウェイからグリーンを狙おうとすると、大抵クラブ制限を受けます。カップもグリーン奥の配置なので、かなりのパワーを要求されます。そこで水切りトップスピンでショートカットで距離を稼ぐ必要があります(トマホークでも可)。

 水切りする場合は対岸OB地帯のすぐ右側を狙います。大きく右にずれると対岸までの距離は短くなりますがクラブ制限を受けます。ティーショットでは見えない風が左から吹いていて、これが大きく影響するので必ず確認してから狙いをつけます。1W246yの場合、池越えは向い風3m(見えない風も若干の向い風)でぎりぎり届くか届かないかです。それ以上の向い風はパワーショットにするか、安全にフェアウェイ3オンルートへ。

 水切りが成功してもカップがグリーン左の木の後ろの配置の場合はぴったり寄せるのは困難です。2Wで右カーブパックスピンでグリーン中央寄りに止めれば、距離は残りますがパットラインは真っ直ぐになります。カップがグリーン奥の場合、グリーン奥が急な下り傾斜になっているので心持ち弱めに。少しでも強いとこぼれます。

 池越えはリスクがあるばかりでなくアプローチも簡単ではないので、最初から安全に3オンのパー狙いも悪くない選択です。右フェアウェイは大きくうねっているのでクラブ制限を受けやすくなっていますが、フェアウェイ先端左側ならクラブ制限を受けません。ティーショットで2W(追い風なら3W)で届くあたりが狙い目です。パワーのあるキャラならこちらの水色ルートからトマホークで2オンを狙えなくもないです(ただし、ラフに接する位置からでの1Wトマホークはラフの段差にひっかかります)。


Copyright © 百舌鳥の早贅. all rights reserved.