また崖の上
 IceCannon18Hでトマホークを谷に打ち込んだら、勢いよく転がっていた球が跳ね上がって谷の右側の細い崖上にのりあげました。風は悪くなかったので、1オンいったーと思ったのですけど。400PPくらい損した気分です。
 4Hの崖の上にのったことは以前にもありましたが、18Hのほうは幅があれよりも半分以下で、普通は転がり落ちそうなものですが・・・。ここは2I制限だったので直接グリーンは狙えませんでしたが、冷静に谷間に落とすことで転がして2オン。リカバリーは4Hより簡単です。

 最終4Hが向い風9mだったので、体力補助剤を使ってパワートップスピンを打ち込んだら手前に転がり戻ってきました。打点下にすればよかったのかな・・・。この対戦、お互いかなり稼げていて、チップインなしでわたしが1400PP、相手も1200PPほど(6H対戦です)。ここ成功してれば1700PPまでいったのにな。打ち直しも谷の間の傾斜のきついところに止まりクラブ制限、これで負けたなーと思っていたら相手のアプローチがグリーン手前の段差に弾かれて2オンならず。PP差で勝ちました。ちょっとついてたかも。

 17Hは崖の手前にトマホークを当てるより、奥側の崖を狙ってトマホーク・コブラもしくはパワーショットを当てることでも谷沿いにグリーンまでいくようです。もちろん右からの風がないと1オンは厳しいですけど。崖手前を狙う場合、トマホークを失敗すると崖の上のラフで止まってしまいますが、奥を狙う場合はミスショットでもオーバードライブを狙えるのでこちらのほうがいいかもしれません。ただし、谷の右側を狙いすぎるとグリーンに向けて球が転がっていきません。


Copyright © 百舌鳥の早贅. all rights reserved.