IceCannon Hole1/Par4
 グリーンまでいくつものルートがありますが、向い風でなければ右の氷の道へパワーショットを打ち込むのが簡単です(青色ルート)。カップの位置と風の向きを考慮して、右ルートにするか左ルートにするかお好きにどうぞ。

 右ルートの場合、1W250y打点下パワーショット(1W260y)、向い風6mまでならラフから氷の道へと確実に流し込めます。パンヤショットをミスってもとりあえずはオーバードライブをとれるのでその点でおすすめです。カップがグリーン右にあるならばこちらのルートを選択し、チップインを狙うのもよいと思います。ここは追い風で打点上ショットを打ち込むと勢いがありすぎて右ラフへこぼれてしまうことがあるので打点下のほうがよいかもしれません。

 左ルートの場合、氷が二股に分かれるラフの頂点(赤丸の部分)のほんの少し左側に狙いをあわせ、1W250y打点ちょっとだけ右でショットします。狙いは横風を考えて微調整してください。風を読み間違えたりインパクトを左右に外してしまうとラフに飛び出してしまうこともある分右ルートよりはリスクは高いですが、カップがグリーン左にある場合はこちらのルートのほうが次ぎにつながります。

 グリーン上はきつい傾斜がかかっており難易度は高めですが、ティーショットで上手く転がしていれば2打目は50y前後のアプローチのはずなので、これをカップに寄せてしまえばパットは問題ないはずです。


Copyright © 百舌鳥の早贅. all rights reserved.