IceCannon Hole2/Par3
 3Wでパワー調整してカップを狙うことになると思います。2Iでは若干足りないか、ラフに弾かれて大きくオーバーします。

 単純なショートホールなので簡単ですが、グリーン手前が切れているので追い風の時にあまりに弱く打つと海へ落ちる可能性があること、グリーンは手前から奥へ向かって下っているため、若干オーバーしやすいことに注意します。また、グリーン手前のラフでパウンドさせてしまうと、追い風ならグリーンオーバーしかねないほど跳ねます。確実にいくなら神経安定剤を使ってバックスピンショットするのがよいかもしれません。ショートホールの割にノーマルショットでのアプローチはかなり難しいです。

 カップが右にある場合、グリーンは左奥へと大きく傾いているので中途半端な距離が残るとパットが厄介です。この配置の時はカップの左奥からなら上りのまっすぐなラインになるので、それを意識してティーショットを打つようにします。


Copyright © 百舌鳥の早贅. all rights reserved.