IceCannon Hole8/Par5
 ここは正面の崖の右を行くか左を行くかが悩みどころですが、グリーンがほぼ平らなので、とにかく2オンすることだけを考えます。グリーンにのってしまえばロングパットも簡単。

 一番確実なのはトマホークで右OB地帯の奥へ着弾させ、そこからグリーンを狙うルートです(灰色ルート)。追い風7m、1W260yトマホークで水際ギリギリで止まりました。これ以上の風の場合は奥へ落ちてOBになる可能性があるのでパワーを調整してください。OB地帯の左奥を狙えばトマホークを失敗してもOB地帯を越えていきます。

 トマホークミスというリスクをとりたくなければ崖の縁に狙いをつけて打点左下でOB地帯奥に運ぶことも出来ます(青色ルート)。このルートはティーグラウンド正面の置物に当たらないように打点を必ず変えることを忘れないで下さい。ショットした球はOB地帯もしくはその横のラフで跳ね上がり、奥の池手前で止まります。ただし追い風が強いとそのまま池に落ちます。1W250yの場合、追い風7mくらいで確実に落ちるようです。強い横風や向い風の場合、イレギュラーでOB地帯で止まってしまう場合もあります。

 オーバードライブを狙う場合は正面壁の左から1W打点左で氷の上を転がすことができます(赤色ルート)。追い風なら2Wで十分です。このルートはアプローチが問題で、グリーン手前の崖の穴を通さなくてはなりません。グリーンを狙うには打ち上げになり、しかもグリーン手前には池があるので(上空からは崖に隠れて見えません)、強めに打たなければなりません。難易度は高めです。

 具体的には、氷の上からなら3I、4Iで壁の穴を通すことができますが、左奥のラフまで転がってしまった場合、2Iパワーショットで崖穴の右側を狙って打点右ショットでグリーンオンを目指します(3Wで狙う場合はグリーン右縁にラインを合わせて打点右のバックスピンで止めれば上手くいきます。なお、左のスナップショットの位置なら5Iでグリーンに届きます)。


Copyright © 百舌鳥の早贅. all rights reserved.