ミュージカル部分が盛り上がらないのが惜しい
 ダンシング・アベンジャーは白詰草想話をハッピーエンド寄りに焼きなおしたような内容でした。面白くはあったのですが、オチが微妙なところは何か他になかったのでしょうか・・・。次のガチャで追加されるのがタヴィーナで、そのフェイトエピソードでエピローグが語られるのか、それともまた別の機会にイベントで続きをやるのか、もしくは思わせぶりなだけでもう何もしないのか。う~ん、やっぱり白詰草想話を意識したつくりですね。

ミュージカルっぽい

 オチはともかく、惜しかったのが挿入されるミュージカルパートになると音量が大きく下がってしまう点。盛り上がるような演出をしているのに、なにを遠慮してしまったのか、逆にしらけてしまいました。ここは逆に音量を上げるくらいで良かったと思います。
Copyright © 百舌鳥の早贅. all rights reserved.