バイヴカハとアヌビスの称号も獲得
 苦手意識のあったバイヴカハHL、2度討伐失敗した経験を生かしての3度目で称号獲得となりました。その勢いでアヌビスHLに挑んでみると、かろうじて一発クリアに成功しました。

クラリスでもこんなにダメージ出せる

 当面やるつもりはなかったのですが、関連キーワードのツイートを眺めていると成功報告が結構上がっていたことに触発されてしまいました。予習も兼ねて試すこと2戦。しかし過去に苦しめられた経験から、弱体効果対策が必須だろうと頭でっかちに考えすぎたのが失敗でした。黒猫道士にメイン召喚石カーバンクルで、弱体耐性と引き換えに攻撃力を捨ててしまったが故に無駄な苦戦を繰り返していました。

攻撃ダウンを入れれば十分耐えられる

 連続して失敗すればさすがに気がつきます。そもそも攻撃力が足らずジリ貧であること、そしてバイヴカハの攻撃力を下げないと終盤は耐えられないことに。そこでメイン召喚石をコロッサス・マグナに戻し、クリアオール→グラビティと試していたアビリティをアローレインにしてみると、嘘のように楽になりました。終盤のトゥアハ・デ・ダナーンも3000強ダメージにまで下がり、4発食らっても十分耐えられる数字になっていました。最初から正攻法で挑んでいれば・・・。でも失敗を積み重ねたからこその成功でしょうね。

チェック・メイド

 バイヴカハ討伐成功を受け、これならアヌビスも余裕だろうと思い戦ってみました。結果的には倒せましたが、ここまでの一連の討伐戦の中では最も苦戦しました。最後の数パーセントを削るのがこんなにも難しいとは・・・。

 相変わらず途中までは楽勝な勢いでした。わざわざ奥義ケージを貯めてサーバンツのチェック・メイドを狙ったり、余裕の流れ。

アンデッド化が痛い

 バイヴカハの時のように主人公にアローレインを持たせて、クリアオールはメインメンバーの誰かに任せられれば、もしかしたら最後まで危ういところはなかったかもしれません。しかしそれが出来なかったため、HP30%以降の特殊技ウプウアウトに苦しめられました。ダメージが痛すぎます。サーバンツが落ちて、控えのサルナーンで粘るも残りHP2%がなかなか削れず、アンデッド化でサルナーンと最後の控えセワスチアンも脱落。残りHP1%にもかかわらず失敗を意識しましたが、クリンチャーとラストウィッシュが運良く回ってきたため、かろうじて討伐成功です。フュンフがいればなあと思える一戦でした。

バイヴカハの称号獲得

アヌビスの称号獲得

 バイヴカハとアヌビスの称号も無事獲得できました。これで残すはティアマト・マリスとアルティメットバハムートの称号のみ。今すぐどうこうという相手ではありませんが、その時が来たら挑戦したいと思います。
Copyright © 百舌鳥の早贅. all rights reserved.