あまりひねらなくていいのに・・・
 ロボミZは明確な主人公を据えないで、壊獣と人類の戦いを俯瞰して楽しむイベントでした。案の定、ラスボスには止めをささず(させず)に自爆の流れ。ビィとルリアが話に絡むのも序盤だけ、せっかく復活したロボミも影が薄く、最大の見せ場だったダブルハイパーメガトンキックも決め手にならず、なんとも締まらない終わり方でした。

壊獣vs壊獣

 とはいえ、壊獣に改造されてなお壊獣に立ち向かったり、シリアスな話の中にも笑いありで面白かったところも少なくありません。一概につまらないとは言えない内容だっただけに、結末へのひねた流れが余計に気になりました。王道な展開のほうが良かったなぁ。
Copyright © 百舌鳥の早贅. all rights reserved.