ゾーイがついに仲間入り!
 ゾーイ(水着バージョン、以下ゾーイ)をついに仲間にしました。ガチャ300回からの交換で確実に手に入れると決めてから5ヶ月半、頑張った甲斐がありました。

ゾーイ(水着バージョン)

 ゾーイは調停者という大物ながら、主人公に対して特別な信頼を寄せている、子犬のようで愛らしいキャラでした。SDキャラの出来もすばらしく、スキン買わずにこのままでも良かったなと正直思いました。演出としてのお供の子竜の追撃も楽しいですし、戦闘終了時に子竜を抱きかかえるゾーイの仕草も優しさにあふれ、非常に芸が細かいのです。出色の出来です。

ガンマ・レイ!

 ゾーイを連れてシュヴァリエ・マグナ討伐戦に挑んでみると、1ターン目でHP20%まで削ることに成功しました。最初はイージスマージを展開させてからディスペルで剥がすいつもの攻略法を取りましたが、そんなことをしなくても開幕コンジャクションから一気にいけます。確かに強いですね。

 ただ、ゾーイを持ってない人がイメージする強さとはちょっと違うと思いました。私自身そうでした。ゾーイのコンジャクションを持ってしても各ダメージの上限が上がるわけではありません。極端な話、ゾーイなしでも上限に届く術があるのでしたらゾーイは不要です。例えばうちのウォーロックは、ブラックヘイズを入れた後にエーテルブラストIIIを撃てばたいてい上限いっぱいのダメージが出るので、ここにコンジャクションを併用したとしてもダメージの数値に変わりはない、意味がないということです。

 コンジャクションは強制的にHPを1にすることで、(結果として?)背水の効果が最大限引き出されます。それゆえダメージが上限まで出るようになる、それを任意のタイミングで可能とするところにゾーイの強さがあるわけです。その強力なアビリティゆえ色々と言われてしまうキャラで残念ですが、パワーインフレが進んだ今となってはそこまで問題があるとも思えませんでした。安易にダメージ上限を引き上げてしまう要素の存在こそ元凶です。
Copyright © 百舌鳥の早贅. all rights reserved.