ソウルシード激減・・・
 今回の四象降臨イベント、早くもソウルシードが300個減ってしまいました。もちろんその分は四象の輝きになっているわけで、損しているわけではないのはわかっていますが・・・。喪失感が大きいです。

 ソーン最終上限解放用クロム鋼とは別に、十天衆ふたり目用のクロム鋼20個(ヒヒイロカネ1個相当)もこの機会に確保してしまうつもりでいます。このイベント、ソーンの経験値稼ぎとしてもかなり効率が良いのは願ったり叶ったりですが、ソウルシード、本当にこんなに消費してしまって大丈夫なのかなと心配でもあります。15日間のログインボーナスでソウルシードは90個貰えますから、ひと月節制すれば今回失うであろう分の1/3程度は取り戻せるはず。使いどころは間違っていないと確信しているとはいえ、やはり一度の機会にあまりに減ってしまうと焦ってしまいます。

 調整後の火属性ゼタの強さがわかってきました。アルベスの槍でアルベス・フェルマーレを付与してからラプソディーを使い、そこから"通常攻撃"をすれば高ダメージが期待できます。120万ダメージのトリプルアタックまでは確認しました。まあこれは強化&弱体化の条件が整ってないと無理ですけど。でも80万ダメージくらいは普通に出ますね。トリプルアタックなら240万ダメージとなかなかのものです。しかしラプソディーに奥義を合わせてしまうと130万強のダメージで止まってしまい上手くありません。ここまでバランスが悪いと運営が奥義ダメージ上限調整にてこずるのも納得というものです。パワーインフレがゲームシステムの想定を超えてしまったのでしょう。
Copyright © 百舌鳥の早贅. all rights reserved.