ディールで銀天の輝きが出た
 調停の明星5つ分のアニマが確保できたので、ここでジ・オーダー・グランデ戦を1回。共闘のマルチバトルからランク120以上制限をかけて募集してみると、あっという間に30人埋まりました。

 90%~80%のプリズムヘイロー地帯を誰か掛けてくれた麻痺ですり抜けたはいいものの、51%のところで麻痺が切れて焦りました。最悪のタイミングです。見えてはいませんけど、麻痺を信じてガンマレイを喰らって壊滅した人は少なからずいたはず。しかし全体としては楽勝でした。

 銀天の輝きがディールでも出てくれて、この1戦で2つ。手持ちは計3つに。残りの調停の明星で得られる分と7月以降のトレジャー交換分を合わせると、現状でも9月1日になれば銀天の輝きが10揃う計算です。ソーンの最終上限解放には銀天の輝きとは別に"白き魂"が2つ必要ですが、これに必要なアニマも別途確保済み。というわけで、あと手つかずなのは黄金の寄代の製作だけとなりました。これについては次のAP1/2キャンペーンの時に動くことにします。

 ソーンの最終上限解放がおぼろげながら現実味を帯びてきたので、次の古戦場イベントでは予定を変更して二王弓を狙うことにします。十天衆ふたりめはもうサラーサでいいか。三寅斧をスキルレベル10にしさえすれば、サラーサはすぐにでも仲間入りできる状態にあります。どうしようかな。ソーンに使う分のヒヒイロカネを確実に押さえてからのほうがいいかな。
Copyright © 百舌鳥の早贅. all rights reserved.