第62章途中まで
 第62章は最終戦に差し掛かったところでAP切れ。すでにきついので最後は今の戦力では無理っぽい感じがします。とりあえずフリーシア戦、リアクター戦、そしてフリーシアとの再戦まで片付けました。

リアクター

 フリーシアを退けるとリアクターを破壊するという名目の戦闘になります。リアクターはチャージターンが貯まるまで棒立ちですが、貯まると全体攻撃扱いのミサイルを撃ってきます。これがなかなか痛いです。スロウ持ちのヴァンピィとダメージカット持ちのカタリナを起用してみたものの、効果は不明。アタッカー3人で一気に削ったほうが早かったかもしれません。今回は200%UPジ・オーダー・グランデを借りていなければ倒せなかったと思います。

フリーシア

 再戦してくるフリーシア。最初に撃退したあとになぜ彼女をふんじばっておかなかったのかという疑問がありますが、ともかくこの再戦は初戦より明らかに難しいです。全体攻撃のタッチダウンで半壊は当たり前、さらに同時に呪いと毒を受けクリアが追いつかずジリ貧。リベンジボーナス40%でなんとか倒せました。

 残り25%を超えたところでアルベールとヨハンが退場、代わりにノイシュとダエッタが入っています。最後の最後に強制的に撃ってくるタッチダウンでやはり瀕死になったものの、ぎりぎり誰ひとり落ちずに反撃できたのが大きかったです。

 レ・フィーエは強敵を相手にした際のカウンターが強いと今更気がつきました。なるほど、敵の攻撃を1回分無効にしつつ1回分の通常攻撃を入れる、確かに一撃の大きい敵相手に限れば有効なアビリティです。しかしやはり再生が使いにくく、回復タイプとしては使い物になりません。再生だけでも見直してくれたら良かったのに。

 第62章はまだ次が残っています。でももう疲れました。難易度的にもいっぱいいっぱいでつらいです。またおあずけかな。
Copyright © 百舌鳥の早贅. all rights reserved.