雑魚戦からして厳しい第60章突破
 第60章突破しました!雑魚戦からして非常に手ごわいので緊張しましたが、対フュリアス戦は2度目の挑戦で倒すことが出来ました。最終盤にパーティが壊滅して残りゼタひとり(主人公も退場)。この時点で、次のターンでフュリアスが自滅してくれないと敗北していました。

フュリアス自滅

 ここのフュリアスの攻撃は2発喰らったらもうおしまいなくらい苛烈です。そこでレナとヨハンの回復頼みになるわけですが、フュリアスの攻撃にはアンデット化も仕込まれているため、安易に回復してると不味いことになってしまいます。でもそんなこと知ったことではありません。1ターンは再生からのダメージを受けつつ地道にクリアでしのいでいました。

 パーティはヨハン、アルルメイヤ、レナ。サポーター召喚石は200%UPジ・オーダー・グランデを借りました。初戦で使った光属性120%UPルシフェルではまったく話にならなかったため、200%UPのジ・オーダーグランデ以外は無理だと判断しました。これで残り1/4までは順調にいけたものの、やはり蓄積されたダメージがついに回復しきれなくなり、残り1/10あたりで控えのパーシヴァルとゼタの3人に。ここで召喚石の加護もなくなり、自力での勝利はなくなってしまいました。ただここのフュリアスはストーリー上の理由から、毎ターン勝手にダメージを受けるようになっています。終盤は1ターンで10万!も減るので、ターンを進めていけばフュリアスの自滅が見えてきます。今回はその自滅からの勝利でした。

 ポンメルン、ガンダルヴァ、フュリアスとここ3章で大物と三連戦してきましたけど、一番強そうなガンダルヴァが明らかに弱いです。逆にポンメルンは強すぎます。彼がフュリアスと戦えば良かったのにね。
Copyright © 百舌鳥の早贅. all rights reserved.