余計なことしたばっかりに
 仮想PC側のFirefoxを最新版にしてみると、個人的に49.0.2以降で問題になっていたフォント崩れがなくなっていました。あ、直ったのかな?とメインPCのほうも考えなしにアップデートしたのが大失敗。やはり直っていません。さらに、今まで大丈夫だったAuroraはどうかな?と余計なことしなければ良かったのに、こちらもアップデート後フォント表示がおかしくなってしまいました。Auroraまで駄目になったのは何気に痛い。このようにおかしくなっても以前まではバージョンを下げれば直ったのですが、今回は直りませんでした。バックアップしておけばよかった・・・。

 いろいろといじっているうちに少し判明しました。根本的にうちの環境の下では何かがおかしいようで、最新版のFirefoxでもセーフモードで起動すると正しく表示されるのに、新規にインストールし直しても問題は解決しません。どうやらフォント名が取得できていない、そこまではわかっているのですけど。セーフモードだとなぜ正常にフォント名が取得できるのかがわかりません。

 仕方がないので既存のプロファイルを破棄して49.0.1を新規にインストール。これだと問題はおきませんでした。以前のFirefoxで同期させておいた情報を新たに同期しなおしてとりあえずもとの環境近くまでは戻りました。アドオンの個別の設定も同期できるようになるとより便利なのですけどね。
Copyright © 百舌鳥の早贅. all rights reserved.