射程"長"になるのが最大の魅力?橘花改
橘花改

 潜水艦部隊が頑張ってくれたおかげで橘花改を手にすることが出来ました。この橘花改、通常の開幕航空戦の前、偵察ターン時に単独で爆撃をかましてくれます。ただまあさすがにパワーインフレを考慮したのか、実際の効果は薄いです。敵駆逐艦を落としてくれればラッキー、程度の戦果ばっかり。敵軽巡洋艦すら仕留め損なうので、敵戦艦クラスを一撃で落とすことはほとんどなさそうです。熟練度を上げきれば強くなる、そんな感じもしません。おそらくは熟練艦載機整備員の上位装備として使われることを想定しているのかもしれません。射程が"長"になるので、翔鶴瑞鶴には橘花改と噴式景雲改を、他の空母には熟練艦載機整備員を使うことで、連合艦隊の空母機動部隊の4隻すべて射程"長にすることが可能となりました。

ネ式エンジン

 もうひとつのネ式エンジン。これは試製景雲を噴式景雲改にするのに使うようです。しかし橘花改の攻撃がいまひとつ決まらないのを見て、噴式景雲改に対する期待はかなり薄れてしまいました。装備改修にかかる資材も相当なものですので、まずは秋のイベントで消耗した資材を回復を優先し、余裕が出来た頃に着手することにします。
Copyright © 百舌鳥の早贅. all rights reserved.