16年秋イベント第四海域、後半戦もクリア
 16年秋のイベント第四海域後半戦もクリアしました。9回出撃して5回目の勝利Sでゲージ破壊となりました。大破撤退が3回、最終形態からのゲージ破壊失敗の勝利Aが1回です。

 第一艦隊もそうですが、前衛支援艦隊も決戦支援艦隊も手持ち最強クラスを投入しています。また、個人的に禁じ手にしていた大破進撃(もちろん緊急ダメコン発動で復活)も使いました。

7戦ルートを採用

 昨日の時点で最終形態戦に突入はしていたものの、勝利Aでゲージ破壊は失敗、続く出撃はまさかの1マス目大破。これは流れが悪いと判断してその日の攻略は断念しました。そして今日最初の出撃でゲージ破壊に成功です。

 7戦ルートはボス戦で燃料が切れてしまい、特に最終形態相手だと目に見えて回避が効かなくなるようでした。これがこの海域は特に難易度が高いと言われている理由なのかもしれません。

 航空戦マスは輪形陣、対潜マスは梯形陣、他は単縦陣。

制空権優勢

 攻略は大和・武蔵・扶桑・山城・赤城・加賀のエース級で編成された艦隊を用いて行いました。赤城と加賀は彩雲1つと艦戦7つの完全対空仕様です。砲撃戦には参加しません。空母3隻にして艦攻を1つずつ積んだところでろくな戦果は得られないと考え、割り切った編成にしています。

 扶桑と山城には二式水戦改と瑞雲12型を持たせ、制空権争いの下支えと対潜攻撃に参加させてのPマス敗北を防いでいます。これでボスマスの制空権はゲージ削り中は確保、最終形態で優勢でした。瑞雲12型は一度だけ道中で全機落とされてしまったものの、それ以外は熟練度が削れることすらありませんでした。かなり有効かと思います。

緊急ダメコン発動

 赤城と加賀は攻撃に一切参加しないため、もしQマス(ボスマスの手前のマス)で大破してもそのまま進撃させようと予め決めていました。そしてその矢先に赤城がQマスで大破。そしてボスマス開幕雷撃で轟沈からの復活。出来すぎです。応急修理要員を乗せているとはいえ、やはり心臓に悪い・・・。3年間遊んでいて初めて応急修理要員を消費しました。

随伴艦が残ったのが気になるが

 赤城の犠牲と引き換え(?)にT字有利を引き、先に反航戦で勝利Aで終わったのが嘘みたいに猛攻を繰り出す我が艦隊。ボス旗艦単艦に追い込めなかったとはいえ残り耐久105で夜戦へ。一方こちらは大和・武蔵が健在、勝利Sが見えてきました。

武蔵が撃破!

 山城が随伴艦を落とし、続く武蔵がしょっぽい連撃でボス旗艦を撃破!ゲージ破壊です。

 もともとは旗艦は大和でした。ただ、先のゲージ破壊失敗から、どうやら砲撃戦ではボス旗艦を単艦に追い込めそうにないと判断し、あえて大和を三番艦にまわしておいたのです。今回大和の出番こそなかったものの、仮に武蔵が外してもまだ大和が控えていたことになるわけで、なかなか良い判断だったのではないでしょうか。

試製甲板カタパルト

 難易度甲で貰える試製甲板カタパルト。まあこれが目当てというわけでもなかったのですけどね。でもこれでストックが2つとなり、何か空母に改二がきて必要になっても余裕があるのは嬉しいです。

 ちまたではものすごく難しいとの評価でしたが、個人的には総力を持って当たればそこまで難しくはないかな?との印象で終わりました。何かしらケチるとダメだと思います。

 次は最終海域です。長門・プリンツオイゲン・酒匂の力を見てみたいと思います。
Copyright © 百舌鳥の早贅. all rights reserved.