16年秋イベント第三海域クリア
 16年秋イベント、第三海域をクリアしました。ちまたではギミックがどうのこうのと騒がれていますが、装甲破砕効果付与などせず、普通に攻略を始めて9の7、勝利S4回、勝利A3回、大破撤退2回でゲージ破壊までいけました。

直行なら敵水上部隊との戦闘がない

 最初から最後まで最短ルート。どのような編成だと最短ルートを取れるのかはまだよくわからないみたいですが、私は第二海域攻略に使った編成に、第三海域攻略に必要だと思われる要素を足していっただけです。とにかく制空権確保が難しそうなので軽空母を追加、ボスは非常に硬いとの話から魚雷カットイン用に妙高、夜戦連撃用に大井を投入。ただ後者については早まったかもしれません。はっきり言って、そこまで硬くはありませんでした。

艦戦10でも優勢どまり

 空母全員に艦攻を持たせつつ艦戦は計10持たせて制空権は優位までしかいきません。道中航空戦連戦ということもあり、第一艦隊は空母2隻はおろか3隻でも相当きついと思います。手持ちの空母がどれだけあるかにもよりますが、けちらないほうが無理なく攻略できるでしょう。

砲雷撃戦終了時

 初の連合艦隊vs連合艦隊。敵の数こそ多いものの、敵の第二艦隊が軽めなうえ、こちらの砲撃回数が相当あるため、雷撃戦でボス旗艦単艦に追い込むことも珍しくありませんでした。砲撃戦一巡目に攻撃前の飛龍が大破しても(これって第二海域の時とまったく同じパターンだ・・・)、同航戦であれば上のスナップショット程度にまでは追い込めます。

 ただこちらの空母による開幕雷撃はまったく戦果がありませんでした。開幕は決戦支援艦隊の活躍次第(毎回3~4隻は潰してくれた)。大井の開幕・閉幕雷撃も非常に強力でした。

神通が毎回連撃を決めてた

 最後の夜戦、こちらの第二艦隊は完全無傷。ボス旗艦もまったくの無傷という熱い展開。まず初月が残ってる随伴艦を飛ばし、さらにボス旗艦の攻撃を受けるという隠れMVPをやってのけ、一気に形勢が傾きました。続く吹雪・神通・高雄・大井の連撃が入ったところでゲージ破壊です。高雄の連撃が終始不発気味だったのが残念ですが、逆に神通は何度も一撃170程度の連撃を決めていました。この海域に限り、神通に何かあるのかもしれません。砲撃戦での愛宕もやけに強かったです。

水上機母艦

 海域クリア報酬の水上機母艦コマンダンテスト。低速艦かつ甲標的は使えず、その代わり最初から3スロットあります。改で4スロットになるのであれば秋津洲の立場を脅かすような艦娘です。あまり好みではありませんけど。

 難易度甲で貰える艦載機はこのコマンダンテストの初期装備でもあり、しかも微妙な性能なので、別になくてもかまわないと思えるものでした。ここも難易度乙でさっさとクリアしてしまうほうが賢いのかもしれません。

 とりあえず前半戦は難易度甲で駆け抜けました。難易度甲、といっても情報を集めてから攻略すれば難しいところはありません。おそらく現在行われている三越とのコラボレーションに配慮して、可能な限り波風立たないよう無難なイベントに仕立て上げたのだと思われます。16年冬イベントの時のように。
Copyright © 百舌鳥の早贅. all rights reserved.