マザーボードの電池交換
 さすがに6年近く放置していたマザーボード、電池が切れていました。BIOSの設定が保存できず、起動のたびに日時その他設定しなさいと出てしまいます。とりあえず設定すれば使えるのですが(電源落とすと設定は消える)、面倒なので電池交換してしまいました。電池は100円ショップでも買えるものです。たいていはCR2032とあるコイン型の電池でしょう。

 さて交換するかというところで少し手間取りました。電池がなかなか外れないのです。電池が嵌っている仕組みはわかっているのに、電池を支えているツメを外そうとしても指先の力が足らず上手くいきませんでした。そこで洗濯ばさみでツメをはさんでみると、一発で電池が浮いてきました。わかってしまえば簡単なことでしたね。

 Windows10のライセンス認証は、結局この寝かせてあったマザーボード主体のPCでしておきました。やはりメインで今現在のWindows10を使う気にはなれません。とにかくUI全体が酷い。好きなフォントくらい使わせて欲しいです。再評価は8月2日に来るという大型アップデートしだいとなります。
Copyright © 百舌鳥の早贅. all rights reserved.