第七海域は攻略失敗に終わった
 最終海域・最終形態になって11回出撃して4回大破撤退、7回ボスマス到達していいところまったくなしでした。ゲージ削り中ですらボス旗艦を落とせたことがなかったので当たり前の結果ですが、現実は厳しかったです。

 最終海域攻略開始時に27万あった燃料も23万にまで減ってしまいました。このまま続けても成果があるとは思えませんし、難易度を下げてまでしてクリアする気にもなれません。ちょっと早いですがイベント海域攻略はこれにて終わりとします。15年冬のイベントから続いていた甲種勲章連続獲得もついに途絶えることになりました。

 もともと今回のイベントに対しては初めから興味が持てませんでした。太平洋戦争がモチーフのゲームで、ゲーム中それに関してなんら決着がついていないにもかかわらず、唐突にアメリカの艦娘が仲間になる展開。うーん、あまりにセンスがありません。別にアメリカが嫌いなわけではないので、どこかで決着をつけてくれたらむしろ逆に盛り上がれたと思うのですが・・・。この先もあくまで太平洋戦争をモチーフにした舞台を活用したいので決着はつけたくない、ということなのでしょうか。

 しかし今回のイベントで一番の問題は基地航空隊だったと思います。それ自体面白いシステムではありましたが、このバランスでは戦果に対する影響力が大きすぎます。そのため、これまで大事に育ててきた艦娘からなる艦隊が完全にかすんでいました。うちの艦隊ならやってくれる!という展開にならず、まずは開幕の基地航空隊がやってくれないとどうしようもない、最終海域は終始これで白けてしまいました。攻略の成否はあくまで提督と艦娘の錬度にかけて欲しかったですね。

 しばらくは資材の回復を図ることにし、それからのことは追々考えることにします。
Copyright © 百舌鳥の早贅. all rights reserved.