第六海域"波濤を越えて"は航空戦力が決め手
 16年春のイベント第六海域"波濤を越えて"、航空支援であっけなく終わってしまいました。8の7、うち2回はボス旗艦を夜戦で落とし、最後は艦隊決戦支援の航空隊が四桁ダメージを炸裂させてゲージ破壊です。

 1回大破撤退しています。これは初戦で防空の要である秋月が大破してしまったため、護衛退避を使って進撃しても苦しいだけだと判断しました。とにかく敵が空母機動部隊ばかりなので、秋月抜きでやる気にはなれませんね。

旗艦秋津洲!

 最終形態なのはわかっていましたが、ぼけっとして海域表示のスナップショットを取り忘れてしまいました。陣形選択画面のところで、あ、またやってしまったとあわてて記録を始めました。

 イベント前に作っておいた2つの二式水戦改を活かしたかったのと、秋津洲にも出番を与えたかったため、艦隊司令部施設と合わせてあえて秋津洲に持たせて攻略しました。最初から最後まで秋津洲が旗艦です。

開幕攻撃は不発

 最終形態直前までは空母2隻編成の下ルートを使いました。このルートでもボス旗艦を2回仕留めていたのでゲージ破壊まで狙えたとは思います。ただ、最後は勝機をより高めるため、ボスマスから逸れるリスクはあるものの道中3戦+うずしおで済ませられる空母2隻・軽空母1隻の上ルートを使いました。運良く一発で到達。

 しかしその幸運の反動か、開幕航空戦はこの海域攻略中最低の結果に終わりました。砲台ひとつ落とせないという・・・。

支援艦隊

 続いて一航戦&二航戦からなる決戦支援艦隊が到着。

一撃必殺

 これは出直しだなあと諦めていた中でまさかの一撃必殺。1018ダメージでそのままゲージ破壊です。赤城・加賀・蒼龍・飛龍、すごすぎる。

筑摩が決めて勝利S

 やる必要もなかったのですが、一応夜戦に進み勝利S。一隻の大破もでない珍しい結果に終わりました。ドロップしたのは陸奥。まるゆで良かったのにな。

飛行艇カタリナ

一式陸攻(野中隊)

 次は基地航空隊を使えという開発運営からの圧力を感じます。新艦娘は貰えませんでした。

 さて、次で最終海域となりますが、13日に臨時メンテナンスが入るため、それが落ち着くまで攻略はお休みします。
Copyright © 百舌鳥の早贅. all rights reserved.