今回は楽しく遊べて終われた
 16年冬のイベント、最終海域"北海道北東沖"も無事クリアできました。9の8、1度だけ大破撤退していますが、全体に危うげない無難な進行で気が楽でした。8回中勝利Sは4回、勝利Aも4回でした。敵艦隊編成に空母棲姫の姿があると勝利Sは難しかったです。

 この海域は水上打撃部隊で出撃すると最初のマスが能動分岐で、Kマスを選択すると航空戦を含む4戦ルートが確定します。航空戦は防空艦がいればスルーに等しいので実質3戦です。様子見で出撃して初っ端から勝利Sでゲージが削れたため、最後まで同じルートを取りました。

空母棲姫大破

 そして大詰め、初戦で小破してしまった長門以外はほぼ無傷でボス戦へ突入。開幕の雷撃(重巡棲姫が撃ってくる!)で秋月が小破してしまったものの、一巡目の戦艦組すべての砲撃が空母棲姫を捕らえて攻撃の機会を与えずに沈黙させたのが大きかったです。

砲雷撃戦終了

 砲雷撃戦終了。隼鷹が一巡目攻撃前に中破して早々に脱落したのは残念でしたが、まったく不満のない展開でした。ビスマルクも中破したとはいえ、中破する前に空母棲姫を仕留めています。夜戦よりも砲撃戦での火力を重視してのビスマルク起用、その期待に見事応えてくれました。

 重巡棲姫の耐久は残り146、攻撃が向かえば一撃で落とせそうだと考えながら夜戦へ。
 
大井が決めた

 夜戦火力担当艦がすべて無傷といういきなりの好条件。是が非でもここで決めたいと見守る中、阿武隈と北上が重巡棲姫を狙わず焦れてしまいましたが、三番艦の大井が連撃で仕留めてここでゲージ破壊となりました。ビスマルクは中破していましたし、決め手になると想定していたしんがりの時雨は夜戦開始から速攻で大破していましたので、この大井で決めてくれなければもう1周コース。よくやってくれた大井!

秋月が勝利Sをもぎとる

 そして秋月の連撃が最後の戦艦棲姫に突き刺さり勝利S。この最終海域は秋月の活躍する姿が多く見れて楽しかったです。

ザラ

 海域突破褒章として貰えるのは重巡洋艦・ザラ。ステータス各数値がかなり低くでびっくりします。ただし射程が"長"、そのあたりが活かすヒントなのかも?

16年冬のイベント終了

 以上、16年冬のイベント"出撃!礼号作戦"は難易度甲で完遂です。燃料と弾薬を2万、鋼材を1万、ボーキサイト3000、高速修復材60個を消費しました(イベント開始から3日間の任務・遠征での資材上積みを含む)。

 今回は終始楽しく遊べるイベントでした。

 さすがに15年秋のイベントが不評だったのか(?)、開発運営はそのあたりをかなり意識して調整してきたと感じました。端的には出撃制限が最後までなく、運次第のルート逸れもありません。輸送護衛部隊についても、前衛支援や艦隊決戦支援なしでも十分活躍できるよう敵艦隊が抑えられています。今回はちゃんとゲームになっています。

 開発運営の思惑はどうであれ、一時的にであれここで軌道修正してくれて良かったです。レベル上限が155に引き上げられていなかったらもう遊んでいなかったであろう程度には艦これに対する興味を失っていたので、好きに艦隊編成して自由に遊べばいいよ的な今回のイベントには救われました。
Copyright © 百舌鳥の早贅. all rights reserved.