最終海域前半戦終了
 最終海域が連合艦隊で出撃する必要があることに気がつかず、3時間~4時間遠征を出してしまい今日の攻略は前半戦をこなしたところで終了。

補給物資輸送

 最終海域、まずは輸送護衛部隊でドラム缶を運ぶ、15年秋のイベントで初登場したあの仕様です。これってどうすればよかったっけ?と自分で書いた過去記事を参考に、ほぼ同じ編成で挑んでみるとあっさり勝利S、その1回でゲージが1/4以上!削れました。今回は出撃制限がかからないうえ特定艦によるルート固定もなく、さらにゲージはTP500、楽しさ皆無だった秋のイベント第三海域とは比較にならないくらいストレスが緩和されています。

 ドラム缶10個と大発動艇5隻で輸送物資を運んだ場合、勝利SでTP153でした。霞改二を持っていれば大発動艇を積めるので少しだけ有利ですが、いなくても無理なく勝利S4~5回で削りきることができるはず。

昼間で終わることも

 上のスナップショットは2回目の出撃、道中4戦、筑摩が耐久2削られただけでボスマス到達、第一艦隊の一巡目、扶桑の連撃で勝利Sでした。今回の輸送護衛作戦は疲労が抜けていれば本当に簡単です。

 3回連続で勝利Sを取った後の4回目はDマスの対潜でT字有利を引き秋月と照月が仲良く大破して護衛退避が利かずに撤退。少し休んでからの5回目は護衛退避を使ってなんとかボスマス到達、それでもボス戦は楽勝の勝利Sでゲージを削りきりました。これで前半戦終了。やはりまた別のゲージが出てきます。ここからが本番ですね。

沖波

 実は1回目の勝利Sで沖波が出ました。また微妙な駆逐艦が仲間入り・・・。嵐の時もそうでしたけど、出なければまったく気にもしないのに、出てしまったが故に消すに消せない、新規駆逐艦はなんとも取り扱いに悩みます。どうせなら任務で使う朝霜がよかったな。

 ゲージを削りきったときにまるゆが出ました。まるゆは欲しい。
Copyright © 百舌鳥の早贅. all rights reserved.