最後にユニオン体験加入してみた
 昨夜、ワールドエンドエクリプスの記事を投稿した直後にユニオンの募集があったので参加してみました。電撃Appでこのゲームの関連記事を書かれている方がマスターで、19日から20日の間だけ一時的にユニオンとイベントを体験してみませんかという趣旨に惹かれて甘えてみました。

第六章までクリア

 この電撃ユニオンは主要メンバーが4人だけのようですが、4人ともむっちゃくちゃ強いキャラでした。そして同じユニオン同士であれば問答無用で助っ人リストに登場してくれます。そのおかげで現時点で公開されている第六章までのメインクエスト、すべてクリア出来てしまいました。

 第三章と第四章はユニオンのマスターキャラである剣兵だけで楽勝な感じ。自分のキャラいらないな・・・くらい圧倒的存在でした。耐久力がものをいう高難易度の第五章と第六章も他のメンバーのこれまたとんでもなく強力な盾兵の力を借りて何とかクリア。特に第五章は助っ人をもってしてもきつかったです(ノックバックであっという間にがけっぷちに追いやられてしまうので)。

 やっぱり自分のキャラが弱すぎる、ということで手持ち盾兵をパワーレベリングして第六章に挑んでみると、その第六章はそこまで難しくないという・・・。なぜか巨大ワームとその後ろの蟲が進撃してこないので、Lラインはワームが出たら即撤退して放置、Rラインに全兵力を投じてさっさと敵拠点を落としてしまう戦法で比較的簡単にこなせてしまいました。宝箱は完全に無視。宝箱は気にしないで攻略したほうが楽しいです。

討伐戦18位で終了

 初日の蝕の軍団討伐大作戦は18位で終わりました。ユニオンではイベントの進行について指示などなく、とにかく蝕の軍団が現れたら黙々と参戦するという感じでした。体験加入者相互で馴れ合う雰囲気はどう考えてもいたたまれなくなるので、この気軽さはありがたかったです。それにしても主要メンバー4人以外の16人はみんな低レベルのはずなのに、よくもまあこんな上位につけたものです。主要メンバーがはんぱない強さですから、ほぼ彼らのおかげかもしれません。

 ユニオン体験加入してみて良かったです。まあパワーレベリングはさすがにインチキくさかったですけどね。

 追記:20日いっぱいでユニオン体験加入も無事終了。予定通りゲームも終わりにします。
Copyright © 百舌鳥の早贅. all rights reserved.