ワールドエンドエクリプしてみたが
 PC版ワールドエンドエクリプスしてみましたけど・・・。あまり面白くないと思いつつ第二章クリアまで進めてとりあえず終了。

2ラインディフェンス

 ワールドエンドエクリプスはいわゆるラインディフェンスゲームです。ライン沿いに進撃してくる敵をこちらの手ごまを配置して拠点を防衛するアレです。そしてこのゲームはそのラインが2つあります。

 問題はディフェンスゲームなのにディフェンスに注力すると宝箱を逃す仕様になっているところにあります。つまりわざわざ一時撤退などを駆使して敵を倒さないように時間を稼いだり、次の一群がわくのを待ったりする必要があるのです。トレジャーハントがテーマのゲームであればこれでかまわないと思いますが、プレイヤーは街を怪物や賊から守る隊長なのです。意味がわかりません。

 宝箱の中身はゲームを遊ぶ上で非常に有用なアイテム、むしろ宝箱を取ることが当面のゲームの目的と言えるくらい価値あるものなので無視するわけにもいきません。ゲームデザインがおかしいですね。

 個人的には、兵の種類が5つあって部隊編成もぴったり5枠、にもかかわらず1枠は助っ人という名の他プレイヤーのキャラを組み入れなければならないシステムに疑問を感じます。助っ人、使いたい人は使えば良いと思います。高レベルの助っ人はものすごく強いです。でも使うかどうかは選ばせて欲しかった・・・。私は弱くても自分が育てたキャラだけで攻略していきたいです。しかしそういう遊び方はできません。使うにしろ使わないにしろ必ず助っ人を選択する必要があるからです。プレイヤー同士の交流の機会を与えたいという意図はわからなくもないのですが、1戦ごとにその助っ人キャラにフレンド申請するかどうか聞かれていい加減うんざりしてしまいました。

 このゲーム、とにかくプレイヤーを型に嵌めたいという開発の思惑がうっとうしいですね。
Copyright © 百舌鳥の早贅. all rights reserved.