ゲージ破壊完了で備蓄に戻る
 カレー洋リランカ島沖のラストは1回失敗し、編成を見直して再挑戦した2回目に無事ゲージ破壊となりました。無事というか、大和が小破しただけでした。この海域の最終形態でここまで軽微な被害で済んだのは初めてです。やはり空母が決め手なのかも・・・?

5残し・・・
5、残った・・・

 1回目は、なんと耐久わずか5残して勝利A止まりのゲージ破壊ならず。原因はいくつかあるのですが、無傷の大和が夜戦で連撃を出さなかったことが最大の誤算でした。連撃が出てれば余裕で終わっていました。あとは武蔵が大破して夜戦に参加できなかったこと、6番艦の摩耶の2発目の連撃がクリティカルでなかったこと、夜偵を装備し忘れたことも挙げられます。大破した武蔵は被弾を一手に受けていたので、むしろ良くやってくれたとも言えますけど。

ここでT字有利を引く

 最終形態はやはり夜戦火力が少しでも欠けてしまうと厳しい・・・。そこで対空射撃担当の摩耶を外し対潜対空を担える扶桑を投入。空母陣は1回目の失敗時も健闘していたのでそのまま。この強さのまま夜戦に参加できるなら戦艦は不要と思えるくらい、今の空母は強いです。通常海域においては空母はパワーインフレ気味ですね。

 そして2回目の最終形態はT字有利。
 
翔鶴村田隊

 翔鶴に載せた村田隊の攻撃でも港湾棲姫に結構なダメージを与えられます。赤城と加賀にはそれぞれ岩井隊と江草隊を載せ、あえて港湾棲姫を攻撃しないようにしていました。ただ今回に限ればこれは失敗。2巡目3番艦の武蔵の砲撃で敵随伴艦がすべて落ちたため、4番5番の赤城加賀の出番がなくなってしまったのです。T字有利とはいえ、ここまで有利な展開は珍しいです(T字有利はたいてい敵の猛攻にあうので)。

きっちり大和が決めた

 夜戦。旗艦扶桑が微妙な連撃で100弱削り、続く大和の連撃が400弱のオーバーキルダメージで終了。1回目でこれ出してくれれば良かったのに。

 ゲージ削りから破壊まで7回の出撃、高速修復材は11個使用、今月はずいぶんと安く攻略できました。ランキングは1000台に上昇してしまいましたが、いまだ大将のまま。これなら大丈夫そう。
Copyright © 百舌鳥の早贅. all rights reserved.