第四海域あっさりクリア
 第四海域、西方海域戦線ステビア海の攻略も終わりました。装甲破砕効果のための周回を除くと(3回)、勝利S4回、戦術的勝利Bの計5回でゲージ破壊となりました。グラーフツェッペリンは結局出ませんでした。

 最初は装甲破砕効果をすっかり忘れてそのまま突撃してしまいました。当然ながら難易度乙や丙と比較して一見してダメージが入りません。それでも勝利Sは取れてしまう程度の難易度でしたけど・・・。いや、慢心せず堅実に行こうと破砕効果を使い、その甲斐もあってかゲージ削りの段階では4連続勝利Sでした。確かに難易度乙よりは難しいとは感じましたが、それでもさほど大差ないような?と甘く考えながらむかえた最終形態がこれまたすごい編成でびっくりしました。

ラスボスっぽい布陣

 ボス艦隊最終形態。初戦対潜マスで対空射撃装備の秋月が中破しただけで、他の艦は耐久1も削れていない理想的な状態でボス戦へ突入できたのですが・・・。終わってみれば戦術的勝利B。最終形態がここまで重くなるのを知っていれば、こちらも決戦支援艦隊を重くしたのに。

第一艦隊の攻撃終了時

 第一艦隊による砲撃戦終了時でボス旗艦は半分削れています。対潜エキスパートの五十鈴がきっちり2発決めてくれたおかげです。大淀は1発外し、もう1発も11ダメージといまひとつ。反航戦だったこともあり、大和と武蔵の弾着観測射撃が効果的に入らなかったのも痛かった。肝心な場面で歯車がかみ合いません。

雷撃戦終了時

 第二艦隊雷撃終了時。酒匂は夜戦含めて2回の攻撃の機会を2回とも外してくれました。それでなければ昼間でカタがついていたかも。軽巡洋艦はなかなか出番がないので、普段使わない酒匂を選択したのが裏目に出てしまいました。対潜値の比較的高めな阿賀野型に期待しすぎたかな。

まさかの戦術的勝利Bで幕切れ

 夜戦。6番艦の大井までもつれた末に潜水棲姫を撃破。戦術的勝利Bで終わりました。今回のイベント海域は中途半端な終わり方ばかり。センスないなあと感じます。

 秋月は対空射撃装備、照月も電探を探信儀にしているだけの半対空射撃装備だったので、このふたりの対潜攻撃は最初から期待していませんでした。照月に探信儀を持たせたのは道中2回の潜水艦マスでの露払い用です。探信儀1つ持たせるだけでまったく違います。秋月はあくまで対空射撃を、筑摩は敵水上艦を確実に屠る役割を担わせました。

Fw190T改

 クリア報酬はグラーフツェッペリンに載せるはずだった(?)艦載機。対空+10で火力+2と回避+2が付く微妙な艦戦。対空+11だったら良かったのにな。

 消費した燃料は10000、弾薬は7000ほど。大和と武蔵を出したからか、結構飛んでいきました。大和型がわりと中破までいってしまうことが多かったものの鋼材は5000しか減っていません。ボーキサイトに至ってはいまだに29.9万あります。高速修復材は、ほんのわずかに耐久が削れていても使って、それでも25個しか使いませんでした。

 第四海域は艦隊編成の自由が利くこともあって、第二・第三海域よりははるかにマシ、楽しめる海域だと思います。ただせっかくの新艦が低確率のドロップ扱い、そして海域クリアで貰えるのがその新艦向け艦載機、心底しらけさせてくれます。新艦を出し渋ることで海域を何度となく周回させ資材を吐き出させたい、次のイベントでも目玉の一つとして再利用したい、そういう狙いがあるのかもしれせん。しかしこれではつまらなさのほうが先に立ってしまいます。先の夏のイベントから開発運営の姿勢がどうにもおかしくなったと感じましたが、やはり変わってしまいましたね。収穫を急いでるような。

 さて、次が最終海域です。ここまできたからにはがんばろう。
Copyright © 百舌鳥の早贅. all rights reserved.