第三海域は10連続勝利Aでクリア!
 第三海域、コロネハイカラ島東方沖攻略終りました。12の10、昨夜の連続大破撤退から一夜明け、支援艦隊を入念に戦意高揚状態に仕立て上げ、10連続勝利Aでゲージを削りきりました。まったく盛り上がらない割りに時間だけはかかる海域、PT小鬼群への攻撃が効かないという不具合もありましたし、ゲームを理解している人によるテストプレイをしていないのでしょう。

 第三海域のゲームシステムは第二海域とまったく同じ、ドラム缶を持たせてTPを削っていきます。難易度甲のTPは800、一方、第一艦隊の駆逐艦4隻をドラム缶満載で周回させても1周80に届きません。この場合、勝利Aが11回必要となります。ここにあきつ丸の大発を加えるとTP84となり、勝利10回でゲージを削りきることが可能となります。開発運営はこのあたりを想定しているのではないかと推測します。水母棲姫はかなり硬く、雪風の魚雷カットインが刺さっても倒しきれず、3回単艦に追い込んだにもかかわらず勝利Sは一度も取れませんでした。勝利A10回狙いが無難でしょう。

金剛率いる支援艦隊

 勝利A10回目、つまりラスト。金剛率いる決戦支援艦隊が敵戦艦を沈めてくれたので、ここで勝利Aを確信しました。この金剛さんはレベル150です。出番は減ったとはいえ、ここぞという場面で頼りになります。

鈴谷で勝利A確定

 そして第一艦隊の鈴谷が敵軽巡を落してあっさりと勝利A確定。なんとも盛り上がらない形でのクリア。でも、つまらない海域攻略から開放されて嬉しいです。

 追記:第二艦隊の面々が隠れてしまって、後日自分でも忘れそうなので書いておきます。旗艦阿武隈・那智・足柄・潮・吹雪・雪風。潮と吹雪は対空射撃装備で、とても有効でした。

練習巡洋艦鹿島

 練習巡洋艦・鹿島。香取と違って対潜値が低め。低速艦ですし、演習で育てるしかないっぽい?

難易度甲

 まだイベント期間が丸2週間残っていることもあって、第三海域までは難易度甲にこだわり突き進みました。一度でも難易度下げてクリアしてしまうと、おそらく次から難易度甲にこだわらなくなり、今のモチベーションのままではゲーム自体やめてしまいそうです。むしろやめ時なのかもしれませんね。

 ここで燃料弾薬が29万割れ。連合艦隊と2つの支援艦隊あわせて弾薬が1周800以上減っていましたから当たり前ですが、嵌らなかったのでこれでも安くついたほうなのかもしれません。高速修復材は70個くらい使いました。こちらはまだ2900を割っていません。

 輸送作戦という名目で駆逐艦にドラム缶を持たせ、それを全力で援護して輸送を成功に導く、意図するところは悪くないと思います。しかし本イベントはまず支援艦隊ありきで、支援艦隊が敵をなぎ払ったところを輸送部隊が進行していくだけ。面白くもなんともありません。それでいて1周にかかる時間がむだに長く、つまらなさが際立ってしまっていました。支援艦隊頼みではなく、例えば夜戦のみの海域を輸送部隊で突破させる、輸送部隊そのものに活躍の舞台を与えたほうが楽しめたのではないでしょうか。第二海域と第三海域でまったく同じというのも芸がありませんでした。

 続く第四海域でグラーフツェッペリンが出るらしいのですが・・・。甲のまま突っ切ろうかな。どうしようかな。
Copyright © 百舌鳥の早贅. all rights reserved.