龍鳳レベル99!
 龍鳳がレベル99になりました。本当は照月や速吸、瑞穂の育成に随伴させるつもりで、わざわざ大鯨レベル1から設計図を使ってまで軽空母を1隻新調したのに、結局速吸・瑞穂より先にレベル上限に到達です。やっぱり空母は強くなりすぎだと思う・・・。

龍鳳レベル99

 赤城や加賀の経験値も稼がせたいので、ほとんどキス島沖の1戦撤退でやっていました。龍鳳には熟練艦載機整備員を持たせて射程"長"状態、これで赤城や加賀より先に攻撃が回ってくるため、龍鳳がほぼMVPになるわけです。戦艦は連撃させないよう(MVP横取りしてしまう)、ただし可能な限り最初のターンで敵を屠って貰いたいので、弾着観測射撃が出るよう主砲x1に徹甲弾x1を持たせていました。
 
ボス旗艦だけ残りやすい

 上のスナップショットの編成の場合、龍鳳、赤城、加賀、速吸までは疲労無視で固定、戦艦枠も疲労無視でかまいませんが、疲労してない戦艦に交代したほうが囮役の潜水艦が長持ちします。どうしても敵の旗艦が残りやすいので、砲撃戦最初の攻撃でいかにその残存艦を落すか、つまり戦艦の先手の砲撃が非常に重要なのです。

 とりあえず次は速吸。速吸は3スロットしかないので、熟練艦載機整備員を持たせると開幕攻撃でダメージが稼げず、使わずに攻撃機を持たせると砲撃戦時のターンが何時回ってくるか読めないという、上述の稼ぎ方でやるには悩ましい艦です。あくまでもMVPを取らせるため、赤城や加賀の代わりに重巡洋艦を使って開幕攻撃を速吸ひとりで担わせるの手もあります。手もあるというか、普通はこれだと思いますが・・・。しかしこれだと開幕の殲滅力がなく、囮役の潜水艦の消耗が激しくなります。まるゆが沢山欲しくなりますね。

 速吸はレベル85、瑞穂はレベル86。どちらも演習と合わせて育てています。レベル98の時雨と球磨は、ここのところ月が改まっての任務の処理にかかりっきりだったため、ほとんど動きがありません。残り14万切ったくらいです。
Copyright © 百舌鳥の早贅. all rights reserved.