くじける寸前で第四海域クリア!
 第三海域以上にドハマリした15年夏のイベント第四海域、アイアンボトムサウンドもついにクリアとなりました。本当に長かったです・・・。

 ゲージ削りから破壊までの経緯は一つ前の記事にまとめてありますのでここでは省きますが、とにかく夜戦連戦ルートにこだわったのが最大の失敗でした。あそこで時間と資材とやる気が削られてしまったのがあまりに痛かった。夜戦を諦め、気を取り直して挑んだ北からの進撃も決して楽なルートではなかったものの、龍驤+駆逐艦2隻でうずしおマスを回避できるという情報を得て、金剛・榛名・扶桑3隻を編入してからだいぶ楽になりました。

 ゲージを削りきってからの夜戦連戦ルートはサブ島沖海域の夜戦連戦とほぼ同じ難易度といった感じ。実際に半々以上の確率でボスマスに到達できました。しかし肝心の最終形態のボス艦隊に手を焼かされてまいりました。鳳翔と龍驤の軽空母コンビで制空権を優勢に持っていったにもかかわらず、弾着観測射撃がまったくでなかったのが苦戦した最大の理由です。

一巡目でボス単艦に

 とにかく弾着観測射撃が出なかったため、せっかく軽空母2隻を使って制空権を取りにいっても逆に手数が減るだけだと考え、鳳翔+龍驤を大鳳にまとめ、利根と筑摩、そして山城で対空を補いつつ手数を増やしボスマスに進撃してみると制空権は優勢、そして全員が弾着観測射撃を炸裂させ一巡目でボス単艦に。それまでの苦労は一体。

砲雷撃戦終了時

 砲撃戦が終ってみればボス旗艦の耐久が残り152。こちらは金剛以外健在ですから、これは余裕だなと安心して見ていられました。イベント海域には初参加の大鳳も頑張ってくれました。短期間のうちに頑張って育てただけあって、大鳳を使うことができて喜びもひとしおです。

利根姉さんが決めた

 期待通り、利根姉さんが連撃をぶち当ててゲージ破壊です。当初こだわった夜戦連撃ルートを諦めたとき、切り札とも言うべき利根や筑摩に無駄に出撃制限をつけてしまったと後悔しました。それでも結果的には彼女たちの起用は誤りではなかったと思える形で終われたのが救いです。とはいえこの海域で相当な数の艦に出撃制限をつけてしまったのも事実。この先思いやられます。

勝利Sゲージ破壊で海風!

 ゲージ破壊時に駆逐艦・海風がでました。所詮は駆逐艦ですから、いつもであれば新艦であろうがちゅうちょなく処分してしまいます。しかしこの海域にはとにかく苦労させられたので(ほぼ自らの判断ミスですが)、この海風は記念に取っておくことにします。

速吸

 こちらは海域クリアで貰える補給艦・速吸(はやすい)。はやすい、なんともいえない語感の名前ながら、その役割を迅速にこなせるように期待して命名されたのかなあと思うと感慨深いです。

第二次SN作戦クリア

ここまではすべて甲

 というわけで、第四海域まではかろうじで難易度甲でクリアできました。もうくじけそうです。
Copyright © 百舌鳥の早贅. all rights reserved.