艦これモデルvol.2愛宕完成!
 艦これモデルvol.2の愛宕、完成しました!vol.1の高雄と同じ金型が使われており、塗装のわずかな違い以外は高雄も愛宕も同じものです。甲板中央に集中するパーツが互いに押し合い圧し合いしてしまい、こちらを押し込むとあちらが浮いたり斜めになるというかなり困った作りとなっています。

艦これモデル愛宕01

 高雄もそうでしたが、この愛宕も艦橋が左右に分割されています。なので素組みだと真正面に合わせ目がきてしまいます。合いも良くなく、そのままだと見苦しいのがこの愛宕最大の難点。ここは1パーツにするか、艦橋の窓のところで水平に二分割するやり方があったのでは、と思えます。パテとやすり、そして塗装ができるならここは修正すべき箇所といえるでしょう。

艦これモデル愛宕02

 今回、艦載機は塗装もしなおしたのですが、カタパルト2つに対し付属している水偵は1つなので、取り付けは保留しました。艦載機、おゆまるで複製してみようかな。主翼の厚さが足りなくて、仮に上手く複製できてもすぐ折れそうですけどね・・・。

 そうそう、組み立てるとき、二番三番の主砲は後回しにし、まず艦橋を嵌め込んでから三番の主砲を上からやさしくかぶせ、そして二番の主砲を取り付ける必要があります。艦橋と三番の主砲との間に隙間がまったくないため、裾が広がっている艦橋を主砲を取り付けた後から嵌め込むことが出来ないからです。

艦これモデル愛宕03

 高雄と。手前が愛宕。写真だと愛宕の主砲の白い防水布の塗装が雑すぎるので、後ほど適当に直しておきます。

 以上、愛宕でした。やはり艦橋の処理に手間がかかってしまいました。とにかくここが難所ですねぇ。完成させてしまえば精緻感もあり、なかなか格好良い艦です。

 これで7つめ!vol.1から通算16隻もの艦船を完成させたことになります。さすがにこれだけの数が集まると、飾ってある本棚もなかかな凄いことになってます。残すは霧島と大和のみ。
Copyright © 百舌鳥の早贅. all rights reserved.