よこすかカレーフェスティバル2015行ってきた
 よこすかカレーフェスティバル2015に行ってきました。曇り空、わずかに小雨も降るというイベントに遊びに行く側としては好条件の中、9時開始のところ8時半にカレーバイキングの列に並び、前から数えて150人いかないくらいでした。余裕も余裕。帰り際の11時半くらいにも確認しましたが、ブース周りは混雑していたものの、列は300人もいない程度で、とにかく並んでいれば間違いなくありつけそうに見えました。(下の写真は帰り際のものです)

東郷元帥像

 カレーバイキングは18種の中から最大4種選ぶことが出来ます。今回私が選んだのは、横須賀食肉事業(協)のビーフカレー、レストランTSUNAMIのフォンドボーカレー、さいか屋レストランスワンの20種類スパイスカレー、あすなろファームの海上自衛隊内店舗カレーです。

 この中では横須賀食肉事業(協)のカレーが別格で美味しかったです。家では食べられないようなどっしりとした味わいながら、高級レストランのような西欧風とはまた違う、絶妙なビーフカレー。まだ最初のほうということもあり、大きいお肉を貰えたのも良かったです。TSUNAMIのフォンドボーカレーは酒(ワイン?)が強すぎてあまり好みではありませんでした。スワンのスパイスカレーはスパイスより酸味(トマトかな)ばかり強くて、どこがスパイス?な感じ。酸味豊かな~な売り文句のほうが誤解を生じないと思います。あすなろフォームのカレーはすっごく普通。辛くはなく甘すぎもせず、くせがないので誰でも食べられるであろう味。普通に美味しいです。でもお金を出してまでして食べたいとは・・・。ま、お祭りなのでこんなものでしょう。ちなみにダントツで人気だったのがハングリーズの海上自衛隊内店舗カレーでした。すごい列だったのであえて避けました。

 食べ終わっていきなりお腹がいっぱいに。本当はカレーパンバイキングも試すつもりだったのですが、それぞれのパンが半分に切られた大きさで、どう考えても値段に見合ってない、普通にカレーパン買ったほうが満足度が高そうに思えたのでやめてしまいました。カレーと同じくトレーに載せられてしまうため、食べ切れない場合に別途袋を持参しておかないと持ち帰れないのも改善の余地があると思いました。

 また、今年のカレーフェスタは全体に値段が高いです。一皿700円800円、強気な価格設定のカレーばっかり。そこまでいくなら1500円出してまともなカレー食べたほうが良いです。今までハーフサイズで300円だったところも400円に値上がってたり。もろもろのコストが上がったにせよ、なにがどうなると3割アップになるのやら。正直萎えます。そんなこともあってか、カレーバイキングが盛況な一方で、全国カレーエリアでカレーを買っている人はあまり見かけませんでした。これらのお店はバイキングが売り切れてからが本番なのでしょうね。

記念館三笠入口

 記念艦三笠も見学しました。思いのほか広く、見所が多く、正直疲れてしまいましたが面白かったです。中で旅順攻略から日本海海戦、そして三笠が横須賀港で沈んでから今に至る流れを解説するビデオが観られます。NHKが過去に製作したものみたい。まだ10時すぎだったのに、意外にもこのビデオ室に人が集まっていました。人が人を呼ぶ感じですね。三笠の案内・解説をする係りのおじいさん達も思わぬ盛況になんだか嬉しそうでした。

三笠艦橋

 甲板から階段を登ると操舵室のある最上艦橋にまでいけます。写真の左上の列がカレーバイキングに並んでいる人たち。混むのがわかりきっているのでバイキングエリアは僻地にあります。私が並んでいたときもちょうどこれくらいでした。

操舵室

 最上艦橋には操舵室があり、ぴっかぴかの状態のものが見学できます。真ん中の筒に羅針盤が置いてあるのかも?この部屋には入ることは出来ないので未確認です。

 ここには監視&解説係のおじいさんが常駐しているみたいで、嬉々として話しかけてきます。話しかけてくるのはかまわないのですが、反対側の下りの階段が急でかなり危険なので、むしろそちらに気を配ったほうが良いような・・・。

三笠模型

 甲板を下りると展示室になっており、さまざまな資料を見ることができます。写真は下りてすぐ先にある三笠の立派な模型。もう半世紀も前のものなのに、綺麗なまま展示されています。

艦隊コレクション赤城
こんな感じの艦船模型が廊下側に沢山展示されてる

 これとは別に、艦隊コレクションという艦これに乗っかったような艦船模型の特別展示がなされていました。こちらはごく普通の模型ですが、とにかく沢山あるので見応えあります。しかし艦これに登場する艦すべてがあるわけではありませんので、念のため。

 1時間ほどかかった三笠の見学も終わり、これで帰るのもなんなので(カレーバイキング500円+三笠見学300円しか使ってないですし・・・)、無理して海上自衛隊再現カレーコーナーで護衛艦きりしまのポークカレーと護衛艦あまぎりのシーフードカレーを食べてきました。これも一応バイキング形式で、3種の中から2種選ぶというもの。でも1種あたりのカレールゥの量はカレーバイキングと同じ。それでいて600円もします。こだわりがなければカレーバイキングのほうが絶対におすすめ。

 きりしまのポークカレーはスパイスが効きつつ豚肉の旨みが前面に出たとても美味しいカレーでした。昨年の護衛艦カレーグランプリに、きりしまがこのカレーを持って参加できていたら間違いなく入賞していたと思います。しかしあまぎりは・・・。シーフードカレーというのでグランプリ2位だったちょうかいのようなカレーを期待していたのに、なぜかたまねぎとにんじんどっさりのたまねぎカレー。下味含めてシーフード要素ゼロ。これ看板が間違ってたのでは???酷い。きりしまのポークカレーを600円分食べるべきでした。

がらがら・・・
全国カレーエリアの寂しいこと・・・奥の人ごみはこんごうカレーの列

 最後であまぎりのカレーに騙された感が強かった以外は楽しいイベントでした。ただやはりメインとなるカレーの値段が高すぎます。カレーバイキング以外お得感がまるでありません。実際、列が形成されるほど売れていたのはカレーバイキングと自衛隊がらみのカレーばかり。ご当地カレーを売りにきた人たちは、このイベントで知名度を上げたいのか、お祭りの屋台感覚で儲けたいのか、一体何しにきたのだろうか?という浮いた存在になっています。このあたりは来年に向けた運営の課題になるのではないでしょうか。

 これから行く人は芝生の上に座れるようシートを持っていくと良いかもしれません。芝生になっているところは結構あるので、テーブルを確保できなくてもシートさえあれば食べるのに困りません。直接座ってもまったく構いませんけどね。あと飲み物は会場内で普通の値段で買えます(探すと100円で売ってるのもある)ので、あらかじめコンビニなどで買っていく必要はありません。私は買ってしまい後悔しました。持ち込みは禁止されていないようでしたので、家から水筒を持っていくのが最も賢いと思います。

 明日10日もカレーフェスタやってます。
Copyright © 百舌鳥の早贅. all rights reserved.