2015春のイベント制覇!
 最終海域、決戦!リランカ島攻略作戦もなんとかクリアできました。もともと空母機動部隊で進めたいと考えてはいたものの、15冬のイベントの時のように頭でっかちになっていると無駄が大きいことから、空母機動部隊と水上打撃部隊をそれぞれ2~3回ずつ試し、空母機動部隊でもゲージ削りに関してはまったく問題ないと判断、途中から前衛支援を使い出したこともあり、安定してボスマス到達、ボスマスでも勝利Sが取れるようになりました。

 出撃した正確な回数は覚えていませんが、最終形態まで勝利S4回、勝利A4~5回だったと思います(水上打撃部隊を試してるときも含めて)。

ステビア海

 実は最終形態になってから手間取りました。それまで一度もなかったJの夜戦マスで連続大破撤退。理由は単純で、最終形態仕様に対するため第二艦隊を魚雷カットイン装備で固めたため、連撃で進んでいた時より撃ち漏らしが多くなったからでした。安定していた連撃装備のままにし、とにかく数をこなす作戦でも良かったのかもしれません。

 最終形態攻略開始から3回目、武蔵が綾波護衛の退避という絶望的な状態でボスマスに到達、夜戦2番艦神通の攻撃で敵旗艦単艦に追い込むも残り300が飛ばせず、ゲージ破壊ならず。6番艦の雪風が120ダメージという中途半端な魚雷カットインを出しての終了。とはいえ、反航戦のうえ武蔵と綾波を欠いてこれですから、条件が噛み合えばいけそうだとここで確信しました。

艦隊決戦支援

 4回目の出撃、ボスマス到達時点ですでに艦隊がぼろぼろ、しかし決戦支援の攻撃が予想外に決まりしぼんでいた士気が一気に高まります。扶桑姉妹と軽空母組のそこそこ安上がり支援艦隊がやってくれます。しかしまたしても反航戦。ついてない。

武蔵の弾着観測射撃炸裂

 第一艦隊の一巡目で蒼龍と赤城が一発中破となり手数が半減、これで機運は逃したように思えましたが・・・。しかし二巡目の武蔵が敵旗艦に弾着観測射撃を決めて100ダメージ。夜戦前で敵旗艦の耐久が300割れ、またわからなくなってきました。

残り2って・・・

 夜戦開始。プリンツオイゲンが魚雷カットインを出さず、神通はすでに大破していて沈黙、しかし北上と大井が100にも満たない連撃を積み重ねて耐久2!続く綾波はやはり魚雷カットインを出さなかったものの敵2番艦を撃沈。

 実はプリンツオイゲンと綾波には熟練見張員を乗せていました。あの装備、ほとんど効果ないのかもしれませんね・・・。菱餅集め任務にはいつまでも祟られます。

雪風魚雷カットイン

 雪風が魚雷カットインを出せばゲージ破壊確定という中、期待に応えてくれました。雪風を起用してから初めてのトドメです。

ゲージ破壊

 ダメージの数字がありませんが122でした。3回目の時と同じですね。倍でも240ですから、夜戦までに少なくとも耐久300にまで追い込んでおかないと運良く一撃ゲージ破壊というのはなさそうです。

秋津洲

 最終海域クリアしての報酬は水上機母艦秋津洲。開発運営から攻撃力はほぼないと明言されていましたが、対潜装備が積めるので経験値稼ぎは問題なさそうです。

 残念ながら攻略中に戦艦ローマは出ませんでした。戦艦リットリオにあまり興味を持てなかったので、イタリア艦はなかなか、うーん、ですね。イベント期間はまだ2週間もあるのでちょこちょこ周ってみようとは考えています。
 
全作戦完了!

 消費した資材は燃料33000、弾薬30000、鋼材20000、ボーキサイト5000、高速修復材180でした。期間中の任務・遠征により回復した資材も含みます。最終海域で長門陸奥を含めた無駄に重い支援艦隊を何度か試したため、燃料弾薬は2000ずつくらい無駄に上積みされています。

 以上、難易度甲、発令!第十一号作戦でした。

 新しく遊び始めた人向けのイベントであろうことは明白で、全体に難易度は低めでした。簡単だからつまらないわけではありせんが、このイベントは15冬のイベントよりはつまらなかったです。どの海域も基本的に一本道、道中の敵艦隊も弱めな編成、良い意味での運要素はなくなり、ボスマスに到達する緊張感、ワクワク感がなくなってしまいました。いままで再三要望していた夜戦マップこそ追加されはしたものの、いずれも温く、夜戦を連戦して敵艦隊を振りきりボス戦へと挑む、サブ島沖海域のような高揚感もありませんでした。第三海域の北ルートは夜戦連戦でも良かったと思いましたけどねえ。全体に何もなかったマス(能動分岐マス含む)が多く、無意味に間延びしてることにも疑問を感じます。

 もちろん難しければ面白いわけでもありません。しかし14夏のイベントは難しいながらも艦隊編成を試行錯誤した末に自分なりの艦隊で挑む楽しさがありました。14秋のイベントは逆に連合艦隊ごり押しのストレスフリー、秋月やプリンツオイゲンといった魅力的な艦娘が登場したこともあり、とても盛り上がりました。個人的にはこの秋のイベントが一番面白かったです(夏のイベントは後半が長すぎてだれてしまいました)。

 以前の記事でも触れましたが、どうも開発側が運の要素を排除するにはどうするかというお題目にこだわりすぎているように感じます。しかし運要素をなくすと詰将棋になります。この装備でこの編成でこの支援を出して勝利S確定。これではほとんどの人は解が明らかになるのを待ち、その解通りクリアしてイベントは終わるでしょう。そしてなんてつまらないイベントなんだと捨て台詞を吐いて消えていくのです。これが現実のものとならないよう開発運営には頑張っていただきたいですね。
Copyright © 百舌鳥の早贅. all rights reserved.