攻略の糸口が見えた
 最終海域は思っていたより難しかったので、素直に支援を出すことにしました。舐めすぎでしたね。まず艦隊決戦支援を出してみると敵駆逐艦を1隻落としただけ。削り段階だとコストに見合わないかもしれません。しかしこれが前衛支援だとすさまじい戦果を挙げてくれます。道中の敵が旗艦以外は軽い艦ばかりなので、支援からの開幕雷撃とあわせて、それだけで敵旗艦が単艦になります。つまり、支援をだすとこんなに有効なんだよ、ということを示す場のようです。なるほどなあ。あまりに敵艦隊が不自然な編成なので、これは支援はいらないだろうと決めてかかっていたのがミスでした。

 あと個人的に重巡洋艦を使いたかったので、あえて重雷装巡洋艦をはずしていたのが難易度を上げていた原因のひとつでした。やはり重巡の出番はないかも・・・(とどめにプリンツオイゲン使うかも)。

 南回りに進撃する空母機動部隊に前衛支援をだして割と余裕の勝利Sが1回取れました。勝利A4回とあわせてゲージの削れは半分をこえたあたりです。舐めずに最初から支援だしておいたほうが安上がりだったかな。
Copyright © 百舌鳥の早贅. all rights reserved.