第四海域、決戦!リランカ島攻略作戦クリア!
 第四海域の攻略に成功し、とりあえず前段作戦は遂行することができました。といってもここ最近遊び始めた人でなければ難易度甲でもほとんどつまることはないでしょう。つまりはその程度の難易度でした。単調な展開の割りにゲージが長く、作業感が強いので、惰性で操作しているだけになりがちです。もう少しメリハリが欲しかったですね。

決戦!リランカ島攻略作戦

 この第四海域は連合艦隊で挑むことになります。しかしこの海域に出撃させると艦は他の海域に出られなくなるため、編成に悩みました。

 私は特段の理由がなければ連合艦隊は空母機動部隊で組むことにしています。南雲機動部隊は温存しておきたかったので、翔鶴・瑞鶴・雲龍・天城という普段まずやらないであろう組み合わせで第一艦隊を編成。他に選択肢はなく、第一艦隊については最初から最後まで変わりませんでした。

旗艦雲龍
艦隊司令部施設を使うため雲龍を第一艦隊の旗艦に

 問題は第二艦隊のほうで、出撃4回目くらいまでは流動的に編成していました。当初は対空カットイン要員の吹雪、あとは適当にレベル98の雷と電、島風を入れたもののこれが大失敗。とにかく雷と電が敵に撃ち抜かれて出撃のたびに道中で中破してしまうのです。当然ながらボス戦の夜戦まで持たず大破するわけで、まるで使い物になりません。雷と電、狙われ方がおかしいです。(それでも勝利Sでゲージを削り続けられてはいたのですが・・・)

 そんな苦しいなか、敵旗艦に三式弾の特効があることに気づけたのが転機となり、駆逐艦の数を減らし摩耶と霧島を投入。ここからはそれまでが嘘みたいに安定してボス戦に突入するようになりました。最終形態になったところでの最初の出撃で、第一艦隊旗艦雲龍がBマスで一発大破するという珍事はあったものの、他には護衛退避すらしませんでした。結局9の7でクリアです。

最終形態は制空権優勢にとどまる

 最終形態は見た目はあまりかわりませんが、敵の航空戦力が恐ろしく上がっています。いままで制空権確保して当たり前だったのが、ここにきて制空権優位までしか取れないという・・・。その戦闘機ください。

砲雷撃戦終了時

 ただ制空権優位でも砲雷撃戦は余裕の展開でして、こちらは日向が若干削れた一方で敵はすでに旗艦単艦。第二艦隊は健在ですし、この時点でもはやゲージ破壊は間違いないと確信していました。

霧島が決めた!

 夜戦。第二艦隊旗艦の吹雪が50ほど削り、敵は大破しているので沈黙。そこに霧島の連撃クリティカルが計500以上を叩き出しゲージ破壊。第三海域では比叡が、この第四海域では霧島が決めて、金剛姉妹艦の面目躍如といったところでしょうか。

リットリオ

 クリア報酬は戦艦リットリオ。う~ん、なんとも異質なデザインの艦がきました。リットリオの装備はマイナス補正がつくものばかりで汎用性に乏しいのも魅力に欠けます。ま、使ってみないと実際のところはわかりませんけどね。

 この春のイベント、あまり楽しくなく、すでに飽き気味です。まだ残り17日もあるのに・・・。そこまで期待してはいなかったのですが、そのわずかな期待からすら外れています。バランス調整を取っている開発陣の面々が過去のイベントとは違ってるのかな。14夏のイベントの前半や14秋のイベントは楽しかったのになあ。ここまで単調な内容だとは、まったく予想だにしていませんでした。

 イベント海域攻略は1・2日休もうと思います。第五海域の攻略は気力が持ち直してから。その間に葛城とリットリオ、最低限のレベリングをしておこう。
Copyright © 百舌鳥の早贅. all rights reserved.