久しぶりにThunderbirdアップデートしてみた
 なんとなくMozilla Thunderbirdを最新版にアップデートしてみました。使っていたテーマが使えなくなるのがわかっていたのでこれまで避けていたものの、セキュリティより見た目にこだわるのはあまりよろしくないと考えました。

 でも実際にアップデートしてみると、やっぱり止めておけばよかったなという気になりますね。Firefoxもそうですけど、現行のデザインはお世辞にも良いとは言えません。アイコン含めたデザインからして、どうもGoogleのChromeのパクリというか、内々にUIを共通の仕様にしようという協定でも結んだかのようなそっくりさですが、これがまあなんとも微妙でして・・・。そんな不満を持つ人は少なくないのか、FirefoxにはClassic Theme Restorerという以前使われていたデザインに戻せるアドオンがある一方で、Thunderbirdにはこれがありません。ある、と勘違いしてアップデートしたのも痛かったです。ま、バージョンを戻すのも面倒なのでもういいですけど。

 アップデートしてみるとフォントの表示が汚いことに少し悩んでしまいました。これは以前、Windows7に移行した際にFirefoxを新規インストールしたときとまったく同じ症状であることを思い出し、過去記事を参考に対処してみると表示は綺麗になりました。詳細エディタを使わないと直らないので、もっと話題になりそうな問題(不具合?)だと思うのですが・・・。それらしきワードで検索しても誰も取り上げていません。不思議です。ttfmodなどでヒンティングを有効にしたフォントを使っているのであれば、オプションの詳細エディタからgfx.direct2d.disabledの値をtrueにするだけでアンチエイリアスのかかりが綺麗になります。これはFirefoxでも使える技です。

 これでThunderbird向けのClassic Theme Restorerがあれば文句なしなのですが。
Copyright © 百舌鳥の早贅. all rights reserved.