不憫な・・・
 アニメ艦これ第三話観ました。不意をつかれた如月がまさかの轟沈。戦いの中で倒れたのならまだしも、髪が痛んじゃう~とやってるところを間抜けにも爆撃され、誰の助けもなく、誰にも気づかれずひとり海に沈んでいくという、なんとも悲しい?最期でした。

 それにしてもこの第三話は展開がちぐはぐですね。吹雪の物語のように見せかけて吹雪と如月の絡みはほとんどなく、吹雪を活躍させた一方で如月の轟沈がすべてを持っていってしまいました。吹雪、せっかくの大活躍だったのに・・・。そのすべてを持っていった如月は、なんだか赤城も轟沈することを示唆するためだけの存在だったのかなあで終ってしまいました。どちらも不憫です。

 良かったのは高雄がセリフありで登場していたところ。愛宕がゲームとは違うしゃべりになってしまったのに対し、高雄はゲームそのまんまという感じでとても好印象でした。それくらいかな・・・。
Copyright © 百舌鳥の早贅. all rights reserved.