利根筑摩高雄愛宕をレベル100に
 月が替わっての第五戦隊任務、いきなり躓きました。3回出撃してやっと任務クリア。これは沖ノ島沖ゲージ破壊までは相当かかりそうだとさらに出撃してみると、また大破撤退。レベル99の利根・筑摩と高雄・愛宕を編入してないのが大きいのかなと、ここでこの4艦すべてレベル100にしてしまいました。

 やはりというか、さすがにとたんに楽になって、そのまま3回出撃3回撃破、ゲージ破壊までストレートです。交代した鈴谷熊野もレベル92なのでそこまで悪くないとは思うのですが、安定感がまったく違いました。

 その勢いで鎮守府海域のゲージも破壊。北方AL海域は1回分だけゲージを削っておきました。これは別に躓いたのではなく、1回出撃して1回撃破、中破の伊401と小破の綾波を入渠で回復させるための中断です。先月の初攻略時は無駄に高速修復材を消費してしまったので、今月は冷静に節約します。

 利根と筑摩をレベル100にするのどうしようかなあと悩んでたわりに、思い立ったら高雄と愛宕までレベル100にしていました。まあいいです。特に高雄はここまで攻略の要として使ってきたので、これからも重用したいと思ってましたし。ただ航空巡洋艦と比較して、重巡洋艦は使いどころがめっきり減ったのが気になります。制空権争いに参加できる航空巡洋艦のほうがどう考えても使い勝手良いです。さらに、利根と筑摩は索敵値が他の巡洋艦の1.5倍から2倍近く高く、要するにスロットを使わず高性能電探を積んでるようなものでなので、巡洋艦が必要なら利根と筑摩からまず選ぶ、という状況にあります。このあたりこの先どう調整していくのか見物ですね。
Copyright © 百舌鳥の早贅. all rights reserved.