MS諸島沖もクリア
 中部海域のMS諸島沖は4の3でクリアとなりました。現時点での通常海域最深部にしては難易度も高くなく、ストレスなく進撃できて安心して見ていられました。2回ゲージを削ったところではまだまだゲージが残っていますが、3回目のボス旗艦撃破で終わりでした。

MS諸島沖ルート

 4回出撃してすべて南から中央に切り込むルートでした。4回目は旗艦金剛(130)、上から利根(98)、筑摩(98)、神通(95)、阿賀野(91)、赤城(126)で編成された艦隊です。ゲージ破壊可能時でも敵艦隊の編成に変更はないようです。

 制空権は正規空母に上から烈風3を積めば確保できると思います。ただボス艦隊の対空装備が非常に優秀なのか、3回中2回は天山一二型(友永隊)が開幕で殲滅されてしまいました。これでは空母は攻撃手段を失うことになるので、艦載機については一考の余地があります。それでも制空権は確保となりました。

MS諸島沖雷撃終了時

 最後はボスマス到達時で金剛と赤城以外すべて中破状態。しかし雷撃終了時でも大破はでず。金剛が二巡目に敵戦艦をつぶしてくれたのが非常に大きかったと思います。そうでなければ恐らくこちらに大破が出てしまい、一方で敵戦艦は夜戦に参加することになり、敵旗艦を沈められるか怪しくなっていました。今回は補給艦と手負いの駆逐艦の3艦が相手、勝負ありました。

MS諸島沖夜戦

 夜戦。金剛が決めてくれれば格好良かったのですが、旗艦金剛、2番艦利根とも随伴艦から落としていき、3番艦の筑摩がボス旗艦を粉砕してゲージ破壊で終了。

 道中3戦すべてに敵戦艦もしくは白玉を投げてくる正規空母が配置されていて、常に一発大破がありうる海域で油断なりませんが、道中大破撤退は一度だけでした。2戦目に敵空母2隻の編成にあたり、この白玉爆撃に阿賀野がやられてしまいました。それでも一発目は中破で耐えてくれたのですが・・・。

 4回目の出撃で中破だらけになったのは敵戦艦の攻撃を1戦目から喰らっていたからです。運良く?狙いがばらけたおかげで大破は出ませんでした。いきなり中破で半ば諦めていたものの、結局は余裕のクリアでした。わからないものですね。

 久々の通常海域攻略はこれにておしまい。続く海域が開放されるのを待ちたいと思います。
Copyright © 百舌鳥の早贅. all rights reserved.