半分は削ったが・・・
 4回出撃して1回勝利A。3回連続大破撤退、昨日の好調と帳尻合わせするかのような展開でしたが、4回目でなんとかボス旗艦の耐久残り1という勝利Aをもぎ取りました。ゲージ破壊狙いでこれでは泣くに泣けませんが、削りの段階では十分です。昨日の勝利A2回と足せばこれで勝利S2回分に相当しますからね。大破は加賀が2回、赤城が1回。やはり空母がネックです。制空権争いだけどうにかなれば、ということで空母1隻編成を試してみました。

 ここまでの経験でとにかく加賀が狙われるのでまず赤城を起用。強力な索敵を誇る道案内役の利根と筑摩、火力担当の金剛と榛名、そして満を持しての大和をここで投入。しかし実戦初めての大和は時計回りの3戦目で1発中破。脆い・・・。そして大和中破のみの好条件でボス戦へ突入できたのですが、T字有利を引き大和は速攻で大破。盾役としてしか機能しませんでした。

 懸案の制空権は初戦は確保、時計回りの3戦目は互角、ボス戦は優位となり、赤城1隻でもかろうじていけそうです。ただ空母1隻編成のほうが優れているかどうかはまだ判断つきません。

半分は削った

 夜戦はボス旗艦単艦に対しこちらは利根と榛名が無傷にもかかわらず、利根が一発入れただけで後が続かず、耐久100が削りきれませんでした。上げて落とす、そんな嫌らしい展開。がっくりです。救いだったのが、大和の初の実戦が途中撤退にならなかった、それだけは良かったです。

 ちなみに大破した大和の修理コスト、鋼材が1500弱でした。さすがは大和。まあこの日のため(?)に鋼材は30万の上限を維持させてきたのでまったく問題ありません。でも燃料はまずいかもしれません。

 ゲージは間違いなく半分は削れていて、今日2回目の勝利Aで残り45%というところでしょうか。夏のイベントは残り丸5日。うーん、いければクリアしようかと欲が出ていましたが、少し厳しくなりました。しかも勝利Sが取れなくなってきているので流れは明らかに悪いです。ここまで11回出撃してゲージ半分ちょっと削った計算で、結果だけ見ると悪くはなさそうなのですが・・・。
Copyright © 百舌鳥の早贅. all rights reserved.