最終海域ゲージ削り
 2回目の出撃でボスマス到達、旗艦を沈めることができました。これでゲージ削り1回目。ゲージの減りはとても渋いです。

 豪華支援艦隊にしても火力的に期待できないと悟ったので、素直に第一艦隊に戦艦を編入。そして艦隊決戦支援に伊勢・扶桑の航空戦艦を起用してみました。今回は2戦目対潜マスが運良く無傷でスルー、3戦目は戦艦の待ち構えている夜戦ながら利根が中破しただけで突破、そしてついにボスマス到達でした。

伊勢扶桑艦隊支援

 支援が上手く決まり、砲雷撃戦前に敵正規空母が沈むという快挙。これで非常に楽になりました。ボス旗艦もやわらかいのか夜戦までに半分以上削れていました。砲撃戦後の筑摩の雷撃一発で40以上減ってましたから、当たれば余裕という感じですね。

最終海域ゲージ削り

 夜戦開始直後に金剛が連撃144をだしてボス旗艦を一発撃沈で終了。でもゲージがぜんぜん減ってないのが辛い!

 ボスマスにさえ到達すればどうにもならないという感じではありませんでした。ただ、対潜マスに夜戦マスと空母が何の役にも立たない条件が立ちすぎです。制空権が取れるなら空母は1隻のほうが良いかも。取れるのかは知りませんが。
Copyright © 百舌鳥の早贅. all rights reserved.