MI作戦第一海域クリア
 MI作戦の第一海域に進出、ゲージ破壊までこなしてきました。道中大破撤退は一度もなく、出撃すればボス手前で気のせいマスにそれるか、ボス旗艦を倒しきれず勝利Aで終わる、もしくは夜戦でボス旗艦を落として勝利Sとなるのいずれかでした。勝利Aでもボス旗艦に与えたダメージ分のゲージは削れるので本来悪くはないのです。しかし今回はあと1回のところまでストレートで勝利Sが続いたにもかかわらず、その残り1回になってから、気のせいマス行き・勝利A・勝利A・勝利Aと相変わらずの謎の不運が襲い、もううんざり。

 MI作戦は連合艦隊という新システムで遊ぶことになるので最初はインパクトがあります。連合艦隊は第一艦隊と第二艦隊がひとつの艦隊となったもので、最大12隻で出撃します。画面上にも12隻表示されるため、なかなか圧巻です。

連合艦隊01

 この第一海域は連合艦隊による航空戦メインのお披露目の場ということらしく、道中はあえて夜戦に参加しなければ開幕航空戦しかありません。つまり敵艦載機による爆撃か雷撃からしかダメージを受けません。航空戦は2巡、中破したのが1回だけ、先に書きましたが道中で大破したことは一度もありませんでした。はっきり言ってぬるいと思います。制空権は優位(初戦のみ確保)で進み、1周でボーキサイトが500前後かかりました。この先の海域もこのペースだとするとボーキサイトは万単位で必要となりそうです。

連合艦隊03

 ボスマスのみ航空戦からの砲雷撃戦が始まります。まず第二艦隊とボス艦隊で砲雷撃戦、これは敵に戦艦がいるにもかかわらず1巡で終ります。この第二艦隊は雷撃で敵駆逐艦を落とす程度でたいした戦果は上げてくれません。次いで第一艦隊による砲雷撃戦。これはこちらの艦隊に戦艦がいるからか2巡しました。これが本戦ともいうべき戦いで、ここでボス旗艦単艦にまで追い詰めることが出来れば勝利Sは確実のように思われました。第一艦隊による砲雷撃戦が終わると第二艦隊のみで夜戦に突入です。ここからは第一艦隊の出番はありません。連合艦隊による戦いはこのような流れです。

連合艦隊04

 ボス旗艦はそこまで強くなく、耐久も最後まで同じなので、1回でも落とせた艦隊ならクリアできると思います。ただ、夜戦連撃をもってしても駆逐艦の火力ではなかなかダメージが通らず、軽巡洋艦以上の連撃でしとめなければ苦しくなります。勝利Aで泣いたのはすべてこのパターン。駆逐艦でもクリティカルヒットであれば150くらい出ますが、ほとんど出ません。

 MI作戦第一海域で拘束した艦は第一艦隊、旗艦に霧島(98)、あとは上から比叡(98)、蒼龍(99)、飛龍(99)、翔鶴(99)、瑞鶴(99)、第二艦隊は旗艦に神通(92)、上から鈴谷(85)、熊野(85)、吹雪(93)、島風(92)、天津風(92)、以上の12隻です。MI作戦の次もあるということで、赤城や加賀、大和などのレベル100越え主力艦は残しました。強力な索敵能力を誇る利根と筑摩も温存。これが裏目に出なければ良いのですが。ま、どう考えてもダメだとわかれば起用してしまいますが。

 海域クリアで新艦は貰えませんでした。装備が3つ。ボス勝利Sで加賀と陸奥が3回ずつ出ました。他にめぼしいものはなし・・・。

 大淀はレベル23でも改造レベルには達していませんでした。

 今回のイベントはぶっちゃけた話あまり面白くありませんね。やはり個々の艦を海域で拘束するシステムが楽しさを削いでいると感じます。AL作戦とMI作戦を平行させて進行、撤退もしくは帰還で全艦拘束解除で縛りは十分でした。とにかく同じ艦隊で同じ海域を運頼みでずーっと回してるだけなので刺激がありません。
Copyright © 百舌鳥の早贅. all rights reserved.